お礼奉公途中でも転職したい…奨学金立て替え返済、肩代わりしてくれる病院|看護師さんに伝えたいこと

お礼奉公途中でも転職したい…奨学金立て替え返済、肩代わりしてくれる病院

昨今は不景気の影響か、経済的な理由で病院奨学金を借りて看護学校に通う学生が増えています。そして、卒業後に看護師として数年間その病院に勤務 (いわゆる「お礼奉公」) をする代わりに奨学金の返済が免除されるという形態の奨学金制度が残っているのは、看護師の世界くらいじゃないでしょうか。

一般的には、看護学校に入る前、または入学直後に、卒業後に就職することを約束をした病院から3年~5年間、奨学金を受けるといったものです。
金額的には、毎月5万円~10万円、年間で60万円~120万円もの奨学金を3年~5年間、無利子で借りることが出来て、就職後に3年~5年間その病院に勤めれば、借りた奨学金の全額が免除されるといった制度です。

逆に、お礼奉公をしない場合は即日一括返済をしないといけないといったところがほとんどです。

看護学生や親御さんにとっては有難い制度ですが、トラブルや問題も多い制度です。
そもそも、看護学校に入る前から就職先が決まるわけですから、卒業後に就職する病院のことなどわかるはずがなく、看護学校で学んでいくうちに知識を得て、自分の方向性や希望が変わっても就職先は簡単には変えらません。
そのため、多くの就職ミスマッチが発生しています。
もし就職した病院が自分に合わなかったり、人間関係で悩んだり、看護師の仕事そのものが合わなくて退職したくなっても3年間~5年もの間、耐え忍ばないといけないのです。
途中で転職をしたくなっても、奨学金の一括返済という大きな重荷が圧し掛かってきます。

関連記事 ⇒ 病院奨学金は慎重に!

そもそも、経済的な理由により奨学金制度を利用している学生が多いので、一括返済できる余裕のある家庭環境の看護師さんは少なく、そう簡単には奨学金の呪縛から抜け出すことができません。

では、どうすれば良いか。。。

一つだけ、方法があります。


実は、「奨学金の返済を肩代わり」してくれる病院があるんです。


要は、奨学金の全額を立て替えて一括返済してくれるのです。

今どきの言い方をすれば「乗り換え」ですね。
奨学金の乗り換えです。

【参考例】
1.医療法人財団健和会(東京)
奨学金の立て替え一括返済制度のご案内(新卒看護師・既卒看護師)


2.医療法人宝生会 PL病院(大阪)
「奨学金返済資金貸付制度のご案内」



但し、要注意なのは、あくまでこれも「借金」ということです。
転職先が奨学金(借金)を肩代わりしてくれた = 転職先に借金が残ることになります。
ですので、転職先の病院で新たに給与天引きなどで少しずつその借金を返済していかなくてはなりません。

一括返済は出来なくても、毎月の給与から少しずつ返済なら出来そうですよね。
今なら病院や看護の知識があるので、看護学校に行く前よりも知識を持った上で転職先の病院を探すことが出来ますよね。

しかし、こういう「立て替え返済制度」や「肩代わり制度」がある病院は、多く存在するわけではないし、簡単には見つかりません。
インターネット検索を駆使してもほとんど出て来ないし、求人サイトなどには公開されていないケースがほとんどです。

いわゆる「非公開求人」と言うやつです。


「奨学金」と名の付く制度であれば、社会的にも認められて安心感がありますが、"借金の肩代わりをする制度"となれば、あまり大々的には公開できないわけですね。

なので、こういう情報は、看護師専門の紹介会社が持っていることがあります。
いつでも確実に情報があるわけではないですが、自分で探すよりは効率的でしょう。
信頼できる大手3社くらいに登録して、「奨学金の返済で悩んでいます」等の相談を書いておけば、その前提で相談に乗ってくれます。
「肩代わり制度」以外の解決策も提案してくれるかもしれません。

また、この「奨学金の肩代わり制度」を実施している病院は常にあるわけではなく、病院の経営状況や人員状況、新病院立ち上げ、医療情勢などに応じて変動します。

タイミングを逃さないように早めに情報を集めてアンテナを張っておきましょう。

奨学金を支給している病院の多くは、比較的給与が安い設定になっています。高い給与条件を設定しなくても、奨学金を受給している学生が卒業後に看護師として就職してくれるからです。
また、奨学金を支給してる分、就職後の給与設定を少し低くすることによって費用バランスをとっているわけなんですね。(実は、トータルの人件費はそんなに変わらないんです。)

ですので、転職先ではお給料が大幅に上がることが多いですよ。

それから、転職は焦らずに、同じ失敗をしないように、次の就職先は慎重に探しましょう。
せっかく肩代わりしてもらっても、転職先がまた自分に合わなければ、同じことの繰り返しになってしまいます。

できれば、学生時代からお世話になった今の病院でしっかりとお礼奉公を済ませて転職する方が良いですよね。
転職はエネルギーが必要ですし、リスクも伴います。
焦らずに、今からゆっくり時間を掛けて情報を集めていっても遅くありません。

理想はお礼奉公が終わる(奨学金を完済する)タイミングで気持ちよく転職するのがベストです。


★お礼奉公中の看護師さんにオススメの転職サイト

※全て登録・利用は完全無料、安心してご利用頂けますが、最初は焦らずに1社~2社に絞ってのご利用をおすすめします。
【2018年2月 一部修正しました。】



【1】 看護師、准看護師、保健師、助産師の求人・転職は【看護のお仕事】

以前は厚労省の認定優良事業者で唯一お祝い金がもらえる紹介会社でしたが、紆余曲折あり残念ながら2018年よりお祝い金制度が廃止されてしまいました。それでもサービスの質は変わらず、他にはない希少な非公開求人も多く扱うおすすめの転職サイトです。厚労省のお墨付き優良企業なので安心してご利用いただけます。
【全国対応/准看護師・保健師・助産師も歓迎!/厚労省認定 優良事業者】







【2】 看護師の転職サポート マイナビ看護師

マイナビは新卒向けの合同説明会や就活サイトも運営しており、全国の学校や大手病院、大学病院等とのパイプも太い会社です。新卒だけでなく、第二新卒や若手ナースの転職支援も充実しています。マイナビの良いところは、出来るだけ求職者に直接会ってヒアリングするところ。来社が困難な場合は、自宅や職場の近くまで来てくれますよ。お互いに顔が見えることで安心と信頼関係が築けますし、採用する側にとっても安心感があります。看護師さんの人柄や細かい希望条件もしっかりと把握したうえで転職のサポートをしてくれるので、ミスマッチも少なく任せて安心です。【全国対応/看護師・保健師・助産師・准看護師もOK/厚労省認定 優良事業者】







【3】 ナース人材バンクで高給与、好条件の看護師求人を探す

看護師紹介においては業界実績トップの老舗企業です。医療業界に完全特化しており、情報網も営業力もダントツ。良くも悪くも営業力が強く、病院側にとっても、一番手っ取り早く看護師を採用できる紹介会社として有名ですが、焦って決めるとミスマッチな転職になってしまうので、自分の意思はしっかり貫いて断る勇気も忘れずに。【全国対応/看護師・准看護師・助産師もOK】









関連記事

コメント

非公開コメント

検索

安心オススメの看護師求人サイト

今すぐ転職しなくても有益な情報を定期的にチェックできます。厚労省認定の優良サイトで個人情報の管理も万全、登録も利用も完全無料なので安心してご利用いただけます。


業界支持率ランキングNo.1!
徹底した看護師目線で人気No.1! 看護師求人
(首都圏・関西・東海エリア)



就活の定番/学生支援も充実!
マイナビの看護師転職サポート

(全国対応)


楽天リサーチ満足度第一位!
友達にすすめたい第一位

(全国対応)

全記事表示リンク

プロフィール

かんごっぴ

かんごっぴ
看護師紹介会社のコーディネーターから看護師に転身。現在は某病院の看護部サポート室で看護師の採用や新人教育・フォローを担当しています。

メールで質問する

名前:
メールアドレス:
件名:
本文: