※当サイトはアフィリエイトリンクを使用しています。

病院奨学金は慎重に

看護の世界では、昔から奨学金の利用が盛んです。 特に最近では不景気なこともあり、奨学金を利用する看護学生さんが急増していますね。 学校によっては、ほとんどの生徒が奨学生なんて学校もあり、病院によっては新人ナース全員が奨学生なんて病院も珍しくありません。


高額の奨学金でもお礼奉公で返済免除

入学時から奨学金で入学する看護学生は、入学した時点で就職先が決まっています。
そして、卒後3年間~5年働いたら返済が免除されるところが多いです。
お礼奉公というやつです。
今の時代に合ってない気がしますね。
(仮に、他の病院に就職する場合は、即時全額即返済しないといけなくなります。)
奨学金の内容はかなり高額です。
学生さん一人当たり年間60万~100万円以上払ってる病院も少なくありません。 それが返済免除になるんですから、親御さんにとってはとてもありがたい制度ですね。


なぜ看護学生はそんなに手厚いの?

では、なぜそんなに手厚い制度があるのでしょう。
それは、世の中看護師不足だからです。 それくらいしてでも看護師を確保しないと病院が成り立たないからです。
国としても、看護師不足は大きな課題でもあるので、奨学金とお礼奉公の制度も見て見ぬふりしているのでしょうか。 (お礼奉公は強制労働や人身売買の要素があるので、社会的にはあまり好ましく思われていません。)


奨学金を借りる病院選びは慎重に

この病院奨学金制度ですが、本当によく考えてから利用しないと、後々辛い状況になる恐れがあるのでご注意ください。 
もし就職した病院が自分に合わなかったり、看護師の仕事自体が合わなくて辞めたくなっても3年~5年間耐えないといけない。 (即時返済できるお金があれば別ですが) 
また、奨学金を多く出している病院は、奨学金を出さないと看護師が就職してくれない病院の可能性が高い。※大規模病院は別ですが、人気病院は奨学金を出さなくても、フリーで十分看護師が集まります。
それに、看護学校で学んでいくうちに、自分の看護感や考え方、方向性が変わる可能性があります。そうなっても、最初の就職先は簡単には変えられません。
安易に奨学金を申し込む前に、借りる病院がどんな病院なのかしっかり調べて、よく考えて利用することをお勧めします。


転職をお考えの看護師さんへ

下記のサイトで紹介されている看護師転職サイトは、大手で数少ない第一期優良事業者認定サイト(厚労省)なので、個人情報の取り扱いも万全、安心してご利用頂けます。今すぐ転職しなくても、とりあえず登録しておけば看護師さんに有益な情報、役に立つ情報を定期的に受け取れます。