※当サイトはアフィリエイトリンクを使用しています。

7対1というのは、病棟の看護配置の基準で、他に10対1とか13対1等があります。 簡単に言うとその病棟の入院患者数に対する看護師数の割合のことで、10対1より7対1の方が看護師を多く配置し、看護体制は充実しているということになります。

急性期病院なら7対1が当たり前


最近は、急性期の病院では7対1が当たり前になってきましたね。 看護師の皆さんも就職時などのおいて重要なポイントとして見ていると思います。

7対1は儲かる?


看護配置数は割合が高いほど診療報酬がアップします。 なので、7対1の病院は診療報酬を多くもらえて収益力も高いということになります。 但し、何も考えずに看護師を多く抱えてしまうと、人件費がアップして病院の利益を圧迫します。 苦労して7対1を取得して診療報酬が上がったのに人件費が高くついて、結果マイナスになってしまう、、、なんてことになり兼ねません。 病院は出来るだけ看護師数を少なく抑えてぎりぎりのラインで7対1をキープする方が儲かるということですね。

転職をお考えの看護師さんへおすすめ


下記の看護師転職サイトは、厚生労働省から認定を受けた「職業紹介優良事業者」なので、安心してご利用頂けます。 今すぐ転職しなくても、とりあえず登録しておけば看護師さんに有益な情報、役に立つ情報を定期的に受け取れますよ。



業界トップクラスの看護師求人サイト「看護roo!」


徹底した看護師目線でミスマッチが少なく、看護師からも採用担当からも支持率No.1!!。早期離職者や第二新卒へのサポート体制はもちろん、高給与・好条件の人気求人、非公開求人も多く扱っています。東証一部上場の老舗企業で厚労省の「第一期優良事業者」にも認定されています。個人情報の取り扱いも万全の安心企業です。(首都圏・関西・東海エリア/厚労省認定 優良事業者)



看護師の転職なら看護roo!


看護師、准看護師、保健師、助産師の求人・転職は【レバウェル看護】


〈旧 看護のお仕事〉地域ごとに専属のアドバイザーが在籍しており、お住いのエリアや希望に合った転職先を紹介可能です。シフト管理アプリ「ペリカレ」やQ&Aサイト「ハテナース」を運営している会社として有名で、さらにテレビCMの効果もあり認知度急上昇。「第一期優良事業者」認定サイトで、もちろん完全無料、看護師だけでなく、准看護師、保健師、助産師、ママさんナースも歓迎です。(厚労省認定 優良事業者)

関連記事