※当サイトはアフィリエイトリンクを使用しています。

そろそろボーナスの時期が近づいてきましたね!やっぱりお金は大事です! 既に支給されているナースもいると思いますが、7月がボーナス支給月の病院がほとんどでしょう。 そして、ボーナスもらってから退職を考えているナースも多いかと思います。 でも、ボーナス支給前に退職届を出すのって、ちょっと勇気要りますよね。 また、もらってすぐに退職の意向を伝えるのも言いにくかったり。



1.退職が決まっているけどボーナスはもらえる?


結論から言うと、もらえます。 ボーナスは、過去の実績や業務評価に基づいて支給されるものです。また、雇用契約にも明記されており、約束された報酬となりますので、毎月のお給料と同様、退職が決まっているからと言って、減額したり、不支給にしたりすることはできません。 退職が確定していても堂々と受け取りましょう。 退職の意向はいつ伝えてもいいですが、気持ちが固まっているのであれば、ボーナス支給前でも早めに伝えておく方が印象がいいと思います。

2.退職後にしばらく休養したい


どんな業界においても、ボーナス月は退職も多い月です。 そして、ボーナスもらって退職後はちょっとゆっくりしたいなぁ~、と考えているナースも多いと思います。 特に、ボーナスは真夏の暑い時期と真冬の寒い時期に支給されるので、そこに退職時期を合わせることで、ちょっとした夏休み・冬休みが取れますね。 全然良いと思いますよ。 特に夏の暑い時期に退職して、すぐに次の職場で働きだすと精神的にもバテてしまいいます。 滅多にない機会ですので、この夏はしっかり夏休みを取って心と体をリフレッシュしちゃってください。

3.ナースのお仕事は大変


看護師のお仕事はなかなかハードなお仕事です。 また、まだまだ女性が中心の職業。女性には、出産、育児という大きな仕事があり、あまり根詰めて働いていると、本来の女性としての魅力や役割を果たせなくなると本末転倒です。 人間、身も心も健康でありたいですよね。 そもそも離職率の高いナースのお仕事ですが、あまり短期間で転々とするのは良くないです。 でも、数年間休まず働いてきた看護師さんなら、少しくらいゆっくりしても全然問題ないと思います。

4.有給消化、退職金、失業給付について


病院ってあまり有給使えないですよね…?けっこう溜まってるナースも多いのではないでしょうか。 そして、3年以上働いているナースなら退職金がもらえます。 さらに、民間病院なら雇用保険の失業給付もありますね。 ボーナスと有給消化、退職金と失業給付も合わせれば、かなりの期間ゆっくりできると思います。
例えば・・・

勤続5年ナースの例

給与手取:25万円
賞与年額:100万円
退職金:100万円
給与締め日:20日
給与支給日:末日
賞与支給日:7月10日
退職日:7月30日
有給消化:7月15日~

と仮定して

6月30日 6月の給与支給(25万円)
7月10日 ボーナス支給(50万円)
7月30日 7月の給与支給(25万円)
8月30日 7/20~7/30の10日分の給与支給(約8万円) 
8月30日 退職金支給(100万円)
11月頃~ 失業給付(15万円/月×3ヶ月間) 

計 2,530,000円

こんな感じで退職後も収入があります。 
有休消化は、上司と相談し、現場に迷惑の掛からない程度で、半月~1か月程度が現実的かと思います。 
早めに申告しておけば、有給消化もしやすいと思います。
 6月~7月は、間にボーナスが入るので連続して収入があるので、現金が増えますね。 退職後は、最終給与と退職金、3ヶ月後には失業給付(15万円×3ヶ月=45万円)がもらえるはずです(要手続き)。 
失業給付の額は、直前の給与収入の約6割程度となりますが、勤続年数に応じて3ヶ月~6ヶ月受給できます。 → ハローワーク(失業給付について)
合計すると退職日前後で250万円ほどの収入が入ってくることになりますね。 あくまで一例となりますので、皆さんの勤務先の規定などを踏まえて試算してみてください。

5.貯金がなくなる前に就職を!


転職を機会にリフレッシュをオススメしてきましたが、あまりゆっくりしていると後々しんどくなる恐れがあります。 収入が途絶えてからでは立て直しが大変。 就活も焦って、ミスマッチな就職をしてしまうこともあります。 基本的には貯蓄を維持し、失業給付と退職金で少しゆっくりしながら就職活動は早めに動いて慎重に行ないましょう。 できることなら、次の就職先を決めてから退職するようにしてください。 転職先では最初の給与支給まで期間が空きます・。 そして、最初のボーナスは減額または支給対象外となるでしょう。 多少の余裕があるうちに就職するようにお気を付けください。

6.賢いナースの転職


退職を考え始めたら、先ずは転職サイト等で情報収集。 早めに転職先の内定をもらって、入職日を3ヶ月~半年後くらいに設定。 今の職場は有給消化して退職。 状況に応じて失業給付の手続き(休養期間が3か月未満の場合は必要ないと思います。) しっかり休養期間を取り、徐々に新しい生活に向けて準備できるようにしておきましょう。


関連記事