※当サイトはアフィリエイトリンクを使用しています。

派遣と紹介の区別が出来ていない方多いですね。
派遣と紹介の違いはこちら

そもそも、看護師の派遣って禁止されているのはご存じですか?



1.医療現場への派遣は原則禁止


基本的に、病院やクリニック等の医療関連業務への派遣は法律で禁止されています。
医療関連業務とは、下記の職業が当てはまります。
医師、歯科医師、薬剤師、保健師、助産師、看護師・准看護師、栄養士等・・・。

ただし、下記いずれかに該当する場合は、派遣が認められています。


  1. 紹介予定派遣(6か月以内に直接雇用で就職する前提)
  2. 病院・診療所以外の施設(老健、社会福祉施設等)で行われる業務
  3. 産前産後休業・育児休業・介護休業中の労働者の代替業務
  4. 就業の場所がへき地・離島の病院等及び地域医療の確保のため都道府県(医療対策協議会)が必要と認めた病院等における医師の業務

法律では上記のように定められています。

そして、この中で都合よく利用されているのが、産休・育休者の代替です。
看護師はまだまだ女性が多い職業のため、産休・育休者が絶えずいます。
なので、産休・育休ナースが復帰しても、別の産育休ナースの枠を利用し、継続的に派遣契約を結び直し、派遣でも長期勤務できてしまいます。
これは、特に違法や脱法性はなく、問題はありません。

しかし、派遣ナースをたくさん受け入れている医療機関などでは、産休・育休枠が足らなくなってり、そもそも若いナースが少ないために、産休・育休を取っているナースがいない!なんて場合もあります。

それでも病院には看護師が必要なので、人手不足に苦しむ病院などでは、一部の悪知恵の働く派遣会社相談をして、あの手この手でごまかして、違法・脱法的な看護師派遣を行なっているところがあります。
(最近は法律も厳しくなり減っていると思います。)

2.フルタイムで働くなら常勤がおすすめ


派遣ナースは派遣会社の社員となります。病院の正規職員ではありません。

派遣は気楽とか、辞めやすいとか、責任が軽いとか、自分の都合に合わせて働けるとか、メリットも色々ありますが、知らず知らずのうちに違法派遣に巻き込まれていた、なんてこともあり得る業界です。

人手不足の病院にとっては、派遣は単なる人集めの手段であり、派遣だろうが常勤だろうがどっちでも、看護師が来てくれるのであればどっちでもいいわけです。

なので、フルタイムで働くのであれば、賞与や昇給も社会的地位もある正社員(常勤)で働く方が絶対安心かと思います。

人によっては、組織に染まらずに気楽に働きたい、人間関係に巻き込まれたくない、仕事より時間(プライベートや趣味)を大切にしたい、他にやりたいことがある、等の理由で派遣という働き方を選ぶ看護師さんもいます。

3.派遣会社選びは慎重に!


事情があり派遣で働きたいという看護師さんは、派遣会社選びは慎重に行ってください。
適当な派遣会社に登録しちゃうと、派遣先の病院や施設もイマイチだったり、気付けば違法な働き方をしていたなんてことにもなりかねません。違法や脱法の契約の下で働くのは嫌ですよね。
そうならないように、派遣登録も大手でしっかりした派遣会社をおすすめします。

おすすめの看護師派遣会社




看護roo!派遣サービス



安心&高時給 看護roo!の派遣




看護師の派遣求人なら【看護のお仕事派遣】






4.常勤での転職をお考えの看護師さんはこちら


大手で「厚労省認定の優良事業者」、個人情報の取り扱いも万全の安心優良サイトです。



業界トップクラスの看護師求人サイト「看護roo!」

徹底した看護師目線でミスマッチが少なく、看護師からも採用担当からも支持率No.1!!。早期離職者や第二新卒へのサポート体制はもちろん、高給与・好条件の人気求人、非公開求人も多く扱っています。東証一部上場の老舗企業で厚労省の「第一期優良事業者」にも認定されています。個人情報の取り扱いも万全の安心企業です。(首都圏・関西・東海エリア/厚労省認定 優良事業者)

看護師の転職なら看護roo!





看護師、准看護師、保健師、助産師の求人・転職は【レバウェル看護】

〈旧 看護のお仕事〉地域ごとに専属のアドバイザーが在籍しており、お住いのエリアや希望に合った転職先を紹介可能です。シフト管理アプリ「ペリカレ」やQ&Aサイト「ハテナース」を運営している会社として有名で、さらにテレビCMの効果もあり認知度急上昇。「第一期優良事業者」認定サイトで、もちろん完全無料、看護師だけでなく、准看護師、保健師、助産師、ママさんナースも歓迎です。(厚労省認定 優良事業者)