看護師さんの就活・転職・求人|看護師さんに伝えたいこと

一般企業の看護師求人|企業医務室、学校、保健室、メーカー等・・・

看護師の資格・経験を生かして企業で働いてみたい、と考えている看護師さんも多いですね。
最近は、看護師さんを採用したい企業も増え、求人も増えているようです。ただし、病院等と違い、一社当たりの看護師の採用人数は少ないため、非常に倍率は高い傾向にあります。夜勤もなく、土日祝もお休みのお仕事が多いので、とても人気の求人となります。

求められる企業看護師


昨今、企業内での病気やケガのフォローはもちろんですが、メンタルケアが非常に重要視されています。セクハラ、パワハラ、出社拒否や自殺など・・・。
そのような悩みを抱えている企業経営者は、上記のような社員の精神的フォローやトラブル対応が出来る医療経験者を求めています。
また、昔と違って、今の看護師さんは、電子カルテやパワーポイントも使いこなし、普段からパソコン慣れしています。また、文章力、対人能力、コミュニケーション能力にも長け、対応の難しい高齢患者さんやその家族を相手にしてきた看護師さんは、一般企業でも十分に活躍できる能力を持っています。
ビジネスマナー・ビジネススキルこそ弱いですが、そんなものは後からついてきます。人並み以上に勉強し、大変な実習や実務をこなしてきた経験から、むしろ、その辺の事務員や営業職にはそうそう負けないでしょう。企業にとっても、そんなスキル・経験を持った看護師さんは引く手数多ということです。

しかし、一般企業が看護師を募集している求人などは、なかなか見つけることが難しいですね。看護師の企業求人は倍率が高く、応募が殺到するため、非公開求人として紹介会社に依頼している企業が多いのです。
一般企業に慣れていない看護師さんにとっても、どんな会社であるかを事前調査・解説してくれる紹介会社は心強い存在と言えますね。

では、看護師さんを必要としている一般企業の求人はどのようなものがあるのか見ていきましょう。

1.企業内医務室


特に大企業に多い求人です。企業規模が大きくなれば、社員数も増え、社員の健康管理や傷病対応、感染対策等が必要になってきます。保健師のイメージが強いですが、看護師の資格だけでも働けます。
特にメーカーなどでは、現場での怪我、体調不良なども多々あり、医務室を常設している企業が多いです。
基本的に、看護師・保健師が1~2名で対応しているところが殆どですが、中にはパートや派遣も入れてシフト勤務しているところもあります。人数が少ない分、責任は大きくなりますが、毎日のように患者が来るわけではないので、比較的ゆったりとした環境の中で仕事が出来ると思います。
年に数回のイベント(健康診断、インフルエンザ予防接種、保健指導、検便、検尿など)では、その対応も看護師の業務となります。


2.学校保健室(学校看護師)


学校関係でも看護師の求人があります。
公立学校(小・中・高)の保健室で働くには「養護教諭」の免許が必要になってきますが、実は、私立の学校や大学、専門学校では養護教諭の免許が不要なところが多く、看護師や保健師の資格のみで保健室で働くことができます
最近は保健師や養護教諭よりも経験豊富な看護師を求めるところも多くなっています。いくら保健師や養護教諭の資格があっても経験が無ければあまり役に立たず、医療・看護の知識技術面はもちろんですが、メンタル面でストレス耐性がないと続かないからです。急性期病院などの医療最前線でディープな経験を重ねた看護師さんは、学校などでも大活躍できる人材なのです。


3.看護師専門の派遣・紹介会社


ここ、穴場です。看護師専門の人材派遣や人材紹介を行なっている会社はかなり多くあります。これらの会社は、病院・企業と求職者の間に立ち、就職(採用)のお手伝いをするのがお仕事。その対価として、採用企業から採用手数料(紹介料)を得て商売が成り立っています。ですので、派遣・紹介できる看護師さんの登録をいかに多く確保するかで、勝敗が決まってきます。
これらの企業は、現役の看護師さんを取り込むことにより、看護師さんの本音やリアルな医療現場の実態を知ることができ、看護師目線でニーズを研究し、サービスの充実につなげることができます。
看護師さんが紹介会社で働く場合、主にコーディネーターやコンサルタント的な立場で、求職者と求人企業の間に立ち、入職までお手伝いする立場となります。また、これから看護師紹介や医療系人材の部門を立ち上げたいと考えている企業等では、現役の看護師や薬剤師を取り込み、一緒に商品化を進めることができますね。
お仕事はそんなに難しくありませんが、人と話すのが好きで、相手の立場で考えることが大事。また、清潔感や相手に好印象を与える身だしなみ等が重要になってきますね。


4.保育園・幼稚園


保育園や幼稚園、託児所に常駐して、日々、園児の健康管理・傷病対応を行ないます。学校保健室に近いお仕事ですが、対象が乳幼児であるため、日々の患者も多くなります。また、保育業務も一緒にお願いされる場合が多く、学校の様に保健室に待機しているという感じではないでしょう。
親御さんからの相談やクレーム対応などもあり、病院で培った経験が存分に活かされますね。
小児科経験のある看護師さんや、子供好きの看護師さんには最適で、比較的求人も多いお仕事です。


5.フィールドナース


医療機器メーカーや医薬品メーカーで働く看護師さんです。
主にその企業の商品を売る営業マンに同行したり、単独で営業先に訪問し、その商品の機能や使い方を解説したり具体的な例を挙げて説明したりします。言わば営業ナースと言ったところでしょうか。基本的にスーツで取引先を訪問し、医師や薬剤師などを相手に営業をします。身だしなみは看護師の時より気を使う職業と言えます。
看護師さんは、一般の営業マンにはわからない医療業界での専門用語や隠語、現場でのリアルな声を拾い上げることが出来るため、医療機器メーカーや医薬品メーカーにとっては非常に有難い人材と言えますね。


6.コールセンター


健康や医療に関するコールセンターに勤務し、電話での相談業務が中心となります。
医療機関や製薬会社が多いですが、他にも、地域の自治体が行なっている健康相談サービスや健康食品・健康器具メーカーなどがあります。また、コールセンターを専門に請け負っている会社などもあり、求人も多い業界です。
直接患者に接しないため、対面での対応が苦手な方や、髪型やお化粧が奇抜で医療機関などでは働けない方には良いと思いますが、日々電話で喋り続ける業務のため、ストレスも多く、長期的に働ける仕事とは言い難いです。そのため、派遣やアルバイトでの求人が圧倒的に多いです。


7.治験コーディネーター(CRC)


新薬開発に際して行なわれる治験において、医療機関や製薬会社との間に入り各種調整を行なうお仕事です。また、被験者への説明、看護ケア、関係スタッフとのスケジュール調整など、治験を進める過程でのトラブルやミス、遅延等が起きないよう責任を負う立場となります。
治験コーディネーターの勤務先は、主にSMOと呼ばれる治験を専門に行う企業になります。SMO企業では、治験コーディネーターを教育・研修し、医療機関等に派遣しています。
実は、治験コーディネーターにに資格は不要なのですが、業務の内容から、看護師や薬剤師の資格を必須とした求人がほとんどです。


8.臨床開発モニター


新薬開発に際しての治験が医療機関で適正に行われているかをチェックするのが、臨床開発モニターの主な役割です。治験コーディネーターと混同しがちですが、臨床開発モニターは、被験者に接することはありません。製薬会社の立場から医療機関等に出向し、治験に関する手続きや流れを医師や治験コーディネーター、関連部署などと打ち合わせをし、データ収集、報告書を作成したりします。
事務的な仕事が多いため、エクセル・ワードはもちろん、エクセル関数等も多用するため、高いPCスキルが必要となります。


その他、イベントナースツアーナースレジャー施設スキー場などでも求人がありますが、これらは比較的、短期・単発の派遣やアルバイト求人が多いかと思います。

今は、一般企業も景気が上向いており、採用も活発化しています。
看護師さんを採用したい企業もすごく増えているので、企業で働きたい看護師さんにとってはチャンスかもしれませんね。




求人案件1万件以上!業界トップクラスの看護師求人サイト「看護roo!」

徹底した看護師さん目線に拘ってミスマッチや早期離職が少なく看護師からも採用担当者からも高評価!一般病院の求人はもちろん、大手企業との繋がりが強く、希少な企業系求人もあります。(関東・東海・関西エリア限定 ※厚労省認定優良事業者)
看護師の転職なら看護roo!




看護師の転職サポート マイナビ看護師

就活の定番「マイナビ」にも看護師専門の紹介部門があります。看護学生向けの合同説明会や就活サイトも運営しており、全国の一流企業はもちろん、公的病院や大手民間病院、大学病院などとのパイプも太い会社です。(全国対応/保健師・助産師・准看護師もOK/厚労省認定 優良事業者)





看護師の紹介料ってどれくらい?転職サイトの手数料と祝い金の仕組み

看護師さんが転職する際の就活、働きながらのお仕事探しは大変ですよね。
なので、インターネットや携帯サイトで見つけた求人サイトや転職支援サイトから気軽に登録して、あとは紹介会社のコンサルタントにお任せ!みたいな方も多いのではないでしょうか。
しかし、この人材紹介って、“無料紹介”なんて書いてありますが、実は病院側にはけっこうな費用(紹介手数料/コンサルティング料など)が発生していることはご存知ですか?




1.看護師の紹介手数料の相場は年収の20%~30%


どういうことかというと、

年収500万円の看護師さんが、紹介会社を通して、ある病院に就職したとすると、

500万円×20%=100万円

そう、100万円の紹介手数料を就職先の病院が支払うのです。

1人採用して100万円、10人で1000万円です。
病院側にとっては大きな出費ですね。
しかも、早期に退職したとしても、3ヶ月~半年以上勤務すれば殆ど返金無しです。

なので、正直なところ、病院としては直接応募してくれる方がありがたかったりもします…。

でも、世の中まだまだ看護師不足、看護師争奪戦です。
なかなか直接の募集では良い人材が採用できないのも事実。それどころか、募集広告を打っても、一人も応募が来ないこともざらです。


2.100万円を高いととるか安いととるか


自社で何十万、何百万円と費用をかけて求人広告を打っても、看護師さんから応募が来る保証もなく、1人も採用できなくてもお金は戻って来ません。
しかも、応募があれば、見学~書類選考~面接~合否通知 まで、全て病院側で対応が必要になり、年齢や経験等でそもそも採用の見込みが無い人への対応など、無駄な面接対応に追われることになります。
100人応募があったとしても、ターゲットとしている人材が来てくれる保証はないわけですね。

そう考えると、

確実にターゲットとしている看護師さんをピンポイントで紹介されて、効率的に採用でき、その成果報酬として支払う紹介手数料は、実はそんなに高いものではないんですね。来るか来ないかわからない、ギャンブル的な求人広告より、確実でスピーディーに即戦力となる人材を採用できる人材紹介の方がリスクが低くて楽チンだったりするのです。

また、別の考え方としては、
年収(人件費)が500万円の看護師さんを採用した場合、最初の年だけその看護師さんの人件費が600万円になると考えれば、そんなに高いと感じないわけです。


3.「お祝い金」を支給してくれる紹介会社は大丈夫?


「お祝い金」や「転職支度金」を出してくれる紹介会社って聞いたことありますよね。
お金で釣るのは怪しいと思われるかもしれませんが、全くそんなことはありません。

このお祝い金、実は、病院が払うこの紹介手数料から支払われているんです。
病院が払う紹介料 約100万円の中から、就職する看護師さんに数パーセント還元してくれているのです。
お祝い金が発生するからといって、他の紹介業者より紹介料が高いとか、そんなことは全くなく、どこの業者でも紹介料は変わりません。
お祝い金を支給している会社は、他社に比べて経費削減にとても努力しています。とくに広告宣伝費などは大幅に削減し、その部分を転職する看護師さんにお祝い金として支給しているんです。
怪しいどころか、むしろ、すごくやさしい会社なのです。
そして、お祝い金を支給することにより口コミは広がり易くなり、認知度が上がります。お祝い金が広告宣伝にもなるわけですね。
それでも紹介会社さんにはちゃんと利益が残ります。なので、看護師の皆さん、遠慮せずにもらえるものはもらっちゃいましょう。

-------------------------
業界で先駆けてお祝い金を支給していたのが、ディップの『ナースではたらこ』でしたが、残念ながら2015年6月30日をもってお祝い金制度(ハッピーボーナスキャンペーン)は終了となりました。
近年、大手の看護師紹介会社の間である協定が結ばれ、大手看護師紹介会社の大半がお祝い金制度を廃止してしまいました。
現在、お祝い金制度が残っているのは下記リンクに掲載している会社のみとなります。

>>お祝い金がもらえる看護師紹介サイト一覧
-------------------------


4.オススメは「大手優良」看護師転職サイト


転職サイトを運営する看護師紹介会社は、沢山の情報を集めて、看護師さんの希望条件にあう就職先を見つけてくれるので、とてもありがたいですが、反面で彼らも商売でやっていることを忘れないでください。特に設立間もない若い会社や、無名の業者、担当者がホストみたいにチャライ人だったり怪しげな業者(笑)は要注意です。

情報もない営業力もない、つまらない業者に捕まらないように!
中には、目先の利益を優先して全く希望に合わない病院を紹介して強引に決めようとする業者や、嘘八百並べてくる担当者もいるので、くれぐれもお気を付け下さい。

病院側としても、いくら紹介された看護師さんが良い人材でも、紹介会社の担当者が頼りなかったり、信用性に欠けると感じた場合、その会社とは取引したくないので採用を見送らざるを得ない場合があります。

お祝い金の有無に関わらず、病院にとっても看護師さんにとっても大手で母体がしっかりした企業が安心です。

下記の紹介会社は私の病院でも主力の看護師紹介会社、大手の安心できるサイトです。
すぐに転職しなくても質の高い業界情報や非公開求人を定期的にチェックできますよ。

※一度に多く登録すると、先方とのやり取りが大変になるので、最初は2つくらいまでに留めましょう。



求人案件1万件以上!業界トップクラスの看護師求人サイト「看護roo!」

徹底した看護師さん目線で支持率ナンバーワン!ミスマッチが少なく看護師さんからだけでなく、採用担当者からも高評価◎ 運営会社は東証一部上場企業の㈱クイック。「カンゴルー」の愛称で看護師さんなら誰しも知っているサイトです。厚生労働省の第一期優良事業者に認定された安心企業です。(首都圏、関西、東海エリア/准看護師・助産師もOK)
看護師の転職なら看護roo!




看護師の転職サポート≪登録無料≫マイナビ看護師

看護に限らず就活の定番ですね。女性の担当者が多く、丁寧で親切。新卒向けの就職フェアや就活サイトも運営しており、学校や病院とのパイプも太い会社です。(全国対応/看護師・准看護師・保健師・助産師もOK)






「自分にぴったりの病院に転職したい!」そんなあなたに【ナースではたらこ】

「友達にすすめたい第1位」・「提案力第1位」・「楽天リサーチ満足度3年連続 第1位」 等の獲得実績があり、とても人気の転職サイトです。全国対応で、厚生労働省の「第一期優良事業者」に認定、完全無料、安心して利用できる看護師転職サイトです。








看護師さんの転職時期(タイミング)について

お久しぶりです!
しばらく別のサイト構築でこちらはお休みしておりました。
放置しているとアクセスが一気に落ちてショック大です~。

そろそろ年度末が近づいてきましたね~。
この年度末で、退職・転職を考えている看護師さんも多いかと思います。

看護師さんに限らずですが、仕事を辞める時期って年度末の3月末が圧倒的に多いかと思います。
一般的に学校を卒業して就職するのが4月なので、3月末での退職が1年単位で切り良くなりますね。
また、多くの医療機関で決算月が3月となるため、入退職においてもキリの良いタイミングとなります。

でも、実は3月末で退職(転職)して4月入職ってすごく勿体ないんです!

結論からお伝えしますと、

  • 退職月は7月か12月がおすすめ
  • 入職月は9月か2月がおすすめ
  • タイミングは3年以上経過後

です。


ということで、

■ 3月末退職がもったいない理由


1.ボーナスを捨てる


ボーナスって過去の実績に応じて支給されるもので、多くの企業や医療機関では決算月を基準に半年ごとに算定します。
3月が決算月なら、10月~3月の6ヶ月間の勤務と業績に応じて夏の賞与が算定されます。冬の賞与は4月~9月の勤務と業績に応じて支給されるんです。
そして、ボーナス支給の大前提として、ボーナス支給日に“在籍していること”が絶対条件となります。
なので、当然のことながら3月末で退職した場合は、支給対象外です。さらに、次の職場でも夏の賞与支給時には、過去(算定期間)の勤務実績が無い為、夏のボーナスは支給されませんね。(または寸志程度)
看護師さんの平均的な年収で見ると、少なくとも40万~60万円ほどの差が出ることになります。
逆に、賞与を支払う経営者側の立場で考えれば、3月末で退職してくれればボーナスを支給しなくて済むので助かりますね。


2.ライバルが多い


多くの医療機関では、4月の採用人数の上限を予め設け、採用を行なっています。新卒で何人、足らずを既卒で補うと言った感じです。
新卒ナースは教育研修が必要で、且つ、すぐには戦力にならないため、一施設で採用できる人数には限界があります。
なので、新卒内定者が確定した段階で、その年の退職動向を見て、足らない部分は即戦力となる既卒者で補います。
ただし、採用できる人数は、コスト面や配属バランスなども考えて決定するため、限られた人数となります。
その限られた中途採用枠に出来るだけ良い人材、優秀な看護師さんを採用したいので、選考も慎重になり採用のハードルが高くなります。
4月に向けての転職は、ライバルが多く激戦となるため、どうしても4月入職を希望される方は早め早めの行動が肝心ですよ。


3.配属希望が通りにくい


次の就職先には切り良く4月からと考える人が多いと思いますが、4月って1年間で一番入職者が多い月となります。
看護師は採用人数の多い職種ですので、病院の規模にもよりますが新卒ナースだけでも数十人~100人規模で採用している病院も少なくありません。
そして、そこに皆さんのような既卒ナースも加わり、かなりの人数が一度に就職することになります。
そうなると、看護部での配属先の振り分けがなかなか大変な作業となります。
皆さんの希望を出来るだけ聞いてあげたいと思っても、100%の約束はできないものです。
なので、4月入職は配属希望が通りにくいタイミングとなります。やりたい看護、勉強したい分野があってせっかく転職しても、希望どおりに配属されないと少し残念ですよね。

------

上記を踏まえ、結論に戻りますと、

退職月は、ボーナス支給月(7月か12月)が絶対おすすめです。
そして、転職先への入職は、9月か2月頃がライバルも少なくおすすめです。



※ 7月に夏の賞与をもらって7末退職、8月は夏休みとしてしっかりリフレッシュして、気候の落ち着く9月から心機一転する感じです。

※ 12月退職の場合は、ボーナス貰って年末退職、正月~1月いっぱいはゆっくり冬休み、2月から心機一転お仕事開始です。

特に真冬の2月は医療機関が一番忙しい時期であり、さらに人手不足がピークになる時期でもありますが、その分、次の職場ではとても歓迎されるはずです。もちろん、配属希望も通りやすいということになります。そして、4月の新人が入職してくる頃には職場にも慣れ、とても働きやすい立ち位置を確保することができます。

それと、2月や9月の入職なら最初に到来するボーナスも少しもらえる可能性が高いです。
各ボーナスの算定期間は病院等によって異なりますが、多くは年度ごとの過去6ヶ月です。
先にも述べましたが、

3月決算なら


10/1~3/31 の勤務実績 ⇒ 夏の賞与


4/1~9/30 の勤務実績で ⇒ 冬の賞与



という感じで計算する病院が多いです。
満額支給は難しいかもしれませんが、期間割りでの支給は期待できますよ。

できれば、次の転職先の算定期間も事前に確認しておいきたいですね。
直接は聞きにくいですが、転職サイト(紹介会社)経由なら気軽に聞けますよ。


最後に、3年以上というのは「退職金」です。


加えて、経歴としても3年が節目となり、看護師としての自覚と責任も確立されてくる頃です。転職先での面接でも有利になりますね。特に、今すでに2年以上勤務している方なら、3年経過するまであと少しです。せっかくなの退職金は貰っておいた方が、後々助かりますよ。


★安心オススメの看護師転職サイト

(全て、登録も利用も完全無料ですので、安心してご利用頂けます。)



【1】 求人案件1万件以上!業界トップクラスの看護師求人サイト「看護roo!」

徹底した看護師目線でミスマッチが少なく、看護師からも採用担当からも支持率No.1!!。早期離職者や第二新卒へのサポート体制はもちろん、高給与・好条件の人気求人、非公開求人も多く扱っています。東証一部上場の老舗企業で厚労省の「第一期優良事業者」にも認定されています。個人情報の管理も万全、安全で信頼性の高い会社です。(首都圏・関西・東海エリア/厚労省認定 優良事業者)
看護師の転職なら看護roo!





【2】 看護師の転職サポート マイナビ看護師

就活の定番「マイナビ」にも看護師専門の紹介部門があります。看護学生向けの合同説明会や就活サイトも運営しており、全国の公的病院や大手民間病院、大学病院などとのパイプも太い会社です。(全国対応/保健師・助産師・准看護師もOK/厚労省認定 優良事業者)





無断欠勤、無断退職したらどうなる?

こんにちは。

最近、私の勤務する病院で、看護師さんの無断欠勤や無断退職が続いており少し問題になっています。
といっても、1人・2人の話なんですが・・・。

先ずは、無断欠勤。

無断欠勤を続けるとどうなるか。


1.職場の信用をなくす。
2.本人が出勤しにくくなる。
3.勤務継続の意思確認について職場から文書が届く。
4.有休が残っていても本人が申請しない限り欠勤となり無収入となる。
5.欠勤の間も社会保険料などがかかり続けるが給与が足らず天引きできない。
6.天引きできない費用は立替金として請求される。
7.無断欠勤を一定期間続けると懲戒解雇となる。


などなど。


そして、無断退職。

無断退職するとどうなるか?


1.企業は、一方的な解雇はできない。
2.一定期間、無断欠勤で保留され、連絡が取れるまで努力する。
3.その間、社会保険料などがかかり続ける。
4.本人は退職したつもりでも、まだ在籍していることになっている。
5.他で再就職しても、前職で社会保険などの脱退処理がされていないので怪しまれる。
6.一定期間経過後、懲戒解雇となる。
7.懲戒解雇となった場合、今後の就活に影響が出る恐れがある。



といった感じです。

以上のことから、どんな状況であれ、無断欠勤、無断退職はしない方が無難です。
多くの人に迷惑や心配をかけることになり、また、対応する側にとってはとても残念な気持ちにさせられます。

しんどくても、手紙でもなんでもいいのできちんと自分の意志を伝えるようにしましょう。


看護部長の悩みは「看護師のリストラ」!?今後の看護師就職事情

近年、看護科のある大学等が急増し、看護学生および看護師の人口も急増しております。
特に大阪や福岡等では看護師の充足感が顕著であり、新卒者の就職が厳しい状況になりつつあります。第一希望の病院で落とされる学生も増えており、学校担当者も想定外で就職対応に焦りを感じているとのこと。

事実、昨今では関東より関西や福岡等の方が、学生の就活が早期化しており、多くの病院では早々に募集定員に達し、夏休み前には締め切るという所が多くなっております。

とはいえ、採用に苦戦している病院も多いのが実情。潤っている病院は一定規模の急性期病院や大学病院、人気病院に偏りがあるようですね。

そんな中、東京や関東エリアの首都圏においては、全国から多くの看護師・看護学生が就職しているにも関わらず、看護師不足は解消どことろか、以前より深刻になっています。
有名な一流大学病院でさえ、苦戦しているところが多いです。

なぜでしょう。。。

看護師さんにとっては、 看護師不足=求人が多い=就職・転職に有利(給与相場も上がる) 、というメリットもありますが、やはり現場の看護師数が潤わないと一人あたりの負担が大きくなり、貴重な戦力が退職してしまうという悪循環に陥ってしまいます。

そもそも、東京・首都圏は人口が多い分、病院・医療関連施設も多く、山手線の沿線等では有名大学病院など大規模病院が集中している等、近隣での看護師争奪戦が激しい環境にあると言うのも原因の一つでしょう。
(関西では、大学病院等がどちらかというと郊外に分散しており、アクセス的な難はありますが、ご近所同士の看護師争奪戦が起きにくいのかもしれません。)

また、地方からの流入が減少している点も考えられます。
地元志向の学生が増えており、最初は無理せず家族のサポートがある地元での就職を希望する学生が多くなっております。一昔前より交通網も発達し、東京や首都圏へのアクセスが便利になった分、わざわざ東京で就職しなくても、地元からいつでも気軽に都会に行けるという理由も考えられますね。

さらに、関東エリアは、関西や他のエリアに比べ、人口集中エリアが広いことも要因の一つ。
東京都内はもちろん、その近隣の県、神奈川県、千葉県、埼玉県、群馬県、栃木県、茨城県、山梨県・・・など、いわゆる首都圏に主要都市が広範囲にあり、人口集中エリアが広く、そのエリア内に大規模病院が集中して多く点在しているため、まだまだ看護師さんは足らず、全く追いついていない状況であると言えます。

関西では人口集中エリアが大阪・神戸くらいでしょう。それも、市内(大阪市・神戸市)という狭い範囲に集中していますね。京都も人気ですが、どちらかというと観光メインで、人口集中エリアとは言えないです。
そして、九州では福岡(博多)、東海・中部では名古屋、中国地方なら広島、といった感じでしょうか。

福岡には九州全土と中国地方の一部から看護師が集まり、かなり以前から充足傾向にあります。

名古屋も主要な大病院が限られており、比較的充足しつつあるようです。

東北の一部の地域については、やはり震災の影響が今も残っており、看護師は不足しております。

それ以外のエリアは、そもそも病院・医療施設の数が首都圏とは雲泥の差で少ない為、かなり充足感が出て来ております。
例えば、北海道。
北海道は、看護学校が道内だけで54校と多く、年間の卒業者数も2700人程とかなり多くなっております。さらに、県外就職率が11%(H27年)と全国でもダントツで低く、道内に残って就職する学生が多い為、看護師の充足傾向が高いです。

また、四国などは、四国内の国公立病院や実習先での採用枠が非常に少なく、徳島の大学担当者によると、県内は求人が少ない為、県外就職を強く勧めざるを得ないと話しておりました。


「看護師なら就職は安心」という考えはもう古い?


と、そんな感じの看護師就職事情、5年前・10年前の状況とは大きく変わって来てますね。

今も看護師不足が謳われている記事なども見かけますが、どちらかというと関東・首都圏に限定された情報かもしれません。
もちろん、どのエリアにおいても看護師の確保に苦戦している病院なども多くあり、やはり、人気の病院等に偏りはあるのも事実です。

とりあえず、東京・首都圏においては、しばらくは売り手市場が続きそうなので、就職について心配は要らなそうです。
が、しかし、それ以外のエリアについては油断は禁物です。

看護師なら就職は安心!という考え方はもう古いかもしれません。
東京でも看護師が充足する日も近いかもしれませんよ。
10年後、看護部長の悩みは「看護師のリストラ」というような話も聞きます。

どんなエリアでも、選ばれし看護師として自分が行きたい病院に確実に就職したいなら、しっかり気を引き締めて就活しないとですね!




東京・首都圏の主要病院に転職するなら「看護roo!」

首都圏の主要な病院・施設とのパイプが太く、登録しておけば人気施設の非公開求人や希少な求人情報をいち早く届けてくれます。親切・丁寧な対応、厚労省認定の優良事業者で安心です。看護師さんは登録も利用も無料です。

東京の看護師求人なら看護roo!





検索

安心オススメの看護師求人サイト

今すぐ転職しなくても有益な情報を定期的にチェックできます。厚労省認定の優良サイトで個人情報の管理も万全、登録も利用も完全無料なので安心してご利用いただけます。


業界支持率ランキングNo.1!
徹底した看護師目線で人気No.1! 看護師求人
(首都圏・関西・東海エリア)



就活の定番/学生支援も充実!
マイナビの看護師転職サポート

(全国対応)


楽天リサーチ満足度第一位!
友達にすすめたい第一位

(全国対応)

全記事表示リンク

プロフィール

かんごっぴ

かんごっぴ
看護師紹介会社のコーディネーターから看護師に転身。現在は某病院の看護部サポート室で看護師の採用や新人教育・フォローを担当しています。

メールで質問する

名前:
メールアドレス:
件名:
本文: