カンゴロク(看護師さんに伝えたいこと)

ボーナスもらって退職後は少しゆっくりしたい!賞与+退職金+失業保険+有休消化

皆さんそろそろボーナスを気にし始めるころでしょうか。
賞与支給月が6月の病院もあれば7月支給の病院も多いかと思います。
多くの病院は7月でしょう。
ボーナスをもらってから退職を考えている看護師さんも多いかと思いますが、ボーナスもらう前に退職届を出すのって、ボーナス減らされたり、もらえなかったりしないかちょっと不安ですよね…。

ということで、ボーナスと退職について考えてみました。



1.退職が決まっていてもボーナスはもらえるの?


ボーナス(賞与)は、過去(直近の半年等)の実績、評価に基づいて支給されるもので、雇用契約時に約束された報酬ですので、通常の給与と同じく退職が決まっているからと言って、減額したり、支給対象外とするようなことは禁じられています。

ですので、退職が確定していても安心して堂々ともらって問題ありません。

ボーナスをもらった後に退職届を出す方も多いですが、ボーナス支給前に退職の意向を早めに伝えておく方が、印象がいい場合もありますね。


2.ボーナスもらって夏休み(冬休み)


病院業界に限らずですが、ボーナス時期は年度末の次に退職が多い時期です。
特に長く働いてきた看護師さんは、ボーナスもらって退職後はちょっとゆっくりしたいなぁ~、と考えている方も多いかと思います。
また、ボーナスは真夏の暑い時期と真冬の寒い時期に支給されるので、その時期に退職を合わせることで、ちょっとした夏休み・冬休みが取れちゃう訳ですね。

それで良いと思います。

特に夏の暑い時期に転職すると精神的にもバテてしまいいます。
なので、この夏はしっかり夏休みを取って心と体をリフレッシュしちゃいましょう!!


3.看護師は女性が中心の大変な仕事


看護師は大変なお仕事です。
また、9割が女性、まだまだ女性が多い職業です。
女性は、社会に出て働く仕事以外に、出産・育児という大きな仕事が待っています。
あまり根詰めて働いていると、本来の女性の魅力や役割を果たせなくなってしまいます。

人間、心も身体も美しく健康的に暮らすことはとても大事だと思います。

看護師のお仕事は、職人的なところがあり、職場や地域が変わっても同じ看護の仕事が出来るんです。
なので離職率が高いんですね~。(一般的な企業だと、職場が変われば仕事も大きく変わることが多いです。)

だからと言って、短期間で転々とするのは良くないですが、数年間休まず働いてきた看護師さんなら、少しくらいゆっくりしても全然良いのではないでしょうか。


4.退職金や失業給付、有給消化も合わせて


多くの病院では3年以上働けば退職金が出ます。
また、民間病院なら雇用保険にも加入しているので、失業保険(失業給付)ももらえますね。

ボーナスと退職金と失業給付をうまく利用し、さらに有休消化後に退職できればかなりゆっくりできると思います。

例えば・・・

■勤続5年の看護師さんの例
給与手取25万円、賞与年額100万円、退職金100万円
給与締め日:20日、給与支給日:末日
賞与支給日:7月15日
退職日  :7月30日
・・・の病院の場合

・6月30日 6月の給与支給(25万円)
  ↓
・7月15日 ボーナス支給(50万円)
  ↓
・7月30日 7月の給与支給(25万円)
  ↓
・8月30日 7/20~7/30の10日分の給与支給(約8万円)
  ↓
・8月30日 退職金支給(100万円)
  ↓
・11月頃~ 失業給付(15万円/月×3ヶ月間)

計 2,530,000円

と・・・、こんな感じで退職後も収入が入ります。
有休消化は、現場に迷惑の掛からない程度で、半月~1か月程度が現実的でしょう。

6月~7月は、間にボーナスが入るので連続して多くの収入(計100万円)があり、貯蓄が増えますね。
退職後は、最終給与と退職金が入り(108万円)、3ヶ月後には失業給付(15万円×3ヶ月=45万円)がもらえます。

雇用保険の失業給付は直前の給与収入の約6割程度ですが、勤続年数に応じて3ヶ月~6ヶ月程もらえます。
ハローワーク 雇用保険の基本手当についての説明

合計すると退職日前後で250万円ほどの収入が入ってくることになります。

退職金や賞与の金額などはそれぞれの病院で違いますので、どんぶり勘定ですが、大きくは変わらないと思います。

元々の貯蓄も多少なりとあると思いますので、これだけあれば、半年くらいは余裕で生活できますね。
贅沢しなければ旅行なんかも行けますね。


5.貯蓄が底を尽きる前には就業しましょう!


但し!あまりゆっくりしていると後々大変なことになります。
収入が無くなってからでは立て直しが大変ですし、就活も焦ってしまいます。
失業保険をもらいつつ、基本は貯蓄を維持し、ゆっくりしながら就職活動は早めに動いて慎重に行ないましょう。

転職先では最初の給与支給まで期間が空きますし、たぶん最初のボーナスは減額または支給対象外となります。
お金が無い状態で新しい環境で仕事を始めると、不安が大きくなり、精神的に不安定になってしまいます。
逆にお金にゆとりがあれば小さなことは気になりません。

多少の余裕があるうちに次の仕事に就くように気を付けてくださいね。


6.賢いナースの就活シナリオ


賢いナースは、退職を考え始めた頃から転職サイト等で情報収集を始めておいて、退職前には早期に内定を確保。
入職日を少し先(3ヶ月後)くらいに設定しておいて、今の職場は有休消化後に退職。

ゆっくりと休養期間を取って、新しい病院への入職日に向けて徐々に生活を整えて準備できるようにしておきましょう。



業界トップクラスの看護師求人サイト「看護roo!」

徹底した看護師目線でミスマッチが少なく、看護師からも採用担当からも支持率No.1!!。早期離職者や第二新卒へのサポート体制はもちろん、高給与・好条件の人気求人、非公開求人も多く扱っています。東証一部上場の老舗企業で厚労省の「第一期優良事業者」にも認定されています。個人情報の取り扱いも万全の安心企業です。(首都圏・関西・東海エリア/厚労省認定 優良事業者)
看護roo!





看護師の転職サポート「マイナビ看護師」

就活の定番「マイナビ」にも既卒ナース専門の紹介部門があります。看護学生時代に合同説明会や就活サイトでお世話になった方も多いと思います。全国の公的病院や大手民間病院、大学病院などとのパイプも太く、認知度№1!もちろんサポート力もトップクラスです。全国対応で、保健師・助産師・准看護師もOKの数少ない優良企業です。(厚労省認定 優良事業者)




フライトナースとは?ドクターヘリで救急出動するフライトナースのなり方/ドクターヘリがある病院一覧

フライトナースとは、医療用のヘリコプター「ドクターヘリ」に乗り、救急現場に救助に向かう看護師のこと。
空を飛び回り、救急患者の救助に向かう、とてもカッコイイ仕事であり、憧れを持つ看護師さんも多いことでしょう。

テレビドラマでしか見たことないという方も多いかと思いますが、最近は地震などの際の大規模災害における救助手段として見直され、整備も進んでおります。
といっても、ドクターヘリは、災害や遭難者の救助がメインではありません。一般の生活圏における救急要請がほとんどで、現場の交通事情などにより救急車が到着できない場合や救急車では時間がかかる場合などに出動します。

では、そんなフライトナースになるには、どうすればなれるのでしょうか。



1.フライトナースになるための資格や要件


フライトナースになるための条件として、下記の要件を満たす必要となります。

(1)看護師の経験が5年以上あり、さらに救急看護師経験3年以上の経験(もしくは同等の能力)があり、リーダーシップがとれること


前提条件として、看護師としてのキャリアが5年以上かつ、救急現場での実務経験が3年以上必要です。なので、新卒でいきなりフライトナースになるのは当然不可能。また、どんなにベテランの看護師でも、救急経験が無ければ不可能となります。また、少ないメンバーで現場での迅速な判断が必要となるため、リーダーシップ力も求められます。
フライトナースを目指すのであれば、先ずは、救急部門への異動、または、救急機能を持った病院に転職し、救急外来などで経験を積むことが必要です。

(2)ACLSプロバイダー


医師の指示の下で行う心肺蘇生法を実践できる資格のこと。
資格取得には、2日間の教育プログラムを受け、試験に合格する必要があります。
救急現場における医療用補助器具や医薬品を使用した二次救命処置について学びます。
日本ACLS協会 日本循環器学会などで受講できます。

(3)JPTECプロバイダー(もしくは同等の知識・技術)


JPTECプロバイダーとは、JPTEC(外傷病院前救護ガイドライン)に基づいた資格。外傷による致死を防ぐために、病院前外傷に対する救命処置を実践できる人に与えられる資格で、病院前救急医療の現場におけるロード&ゴーの概念を理解し、各段階において必要とされる観察・処置を見落としなく迅速に実施できること。
・生命に差し迫った危険があるか、もしくはそれが潜在していることを漏れなく発見する。
・それが発見された傷病者に対しては、「高度な医療機関への迅速な搬送」を最優先にする。
・したがってその妨げになるようなもの(例えば予後に関係なさそうな損傷への処置や、高度でない医療機関での初療など)は行わない。
など…。1日の教育プログラムを受けて実技・筆記試験に合格すると、この資格を取得できます。
一般社団法人JPTEC協議会で受講できます。

(4)第三級陸上特殊無線技士


総務省が定める無線従事者の国家資格で、陸上移動系の無線局(消防無線・鉄道無線・タクシー無線などの基地局、陸上移動局、携帯局)の操作が可能になります。救急現場では、ドクターヘリのスタッフや消防や警察との連絡、情報のやりとりを行うため、必須の資格となります。
公益財団法人 日本無線協会で受講できます。

(5)ドクターヘリ講習会を受講


日本航空医療学会が主催する「ドクターヘリ講習会」を受講します。ドクターヘリ運用に関わる関係者(医師、看護師、救急隊員などの医療関係者とヘリコプターの運用を行う操縦士、整備士、運用管理者などのスタッフ)が一堂に会し、共通事項として理解する必要のある、基本的な内容についての知識の整理、実際の運用に必要とされる実技を体験します。
日本航空医療学会で受講できます。

上記に加えて一番大事なこと…それは、、、


2.ドクターヘリを所有している医療機関に勤務すること


そう、上記の資格や要件を満たしても、ドクターヘリがある病院に勤務していないと意味がありません。フライトナースになるには、ドクターヘリを所有している病院に勤務し、かつ上記の要件を満たす必要があります。
いきなり外部採用でフライトナースを募集することは少なく、一般的には院内で募集をかけます。そのため、できれば経験を積むところからドクターヘリのある病院で勤務していることが望ましいですね。人気のポジションとなるため、狭き門となりますが、その病院の救急部門でしっかり経験を積み、ある程度のリーダーシップを発揮してれば選ばれる可能性は大です。


3.ドクターヘリが配備されている病院一覧


ドクターヘリを所有している病院はとても数が少なく、2019年5月現在で、全国43道府県に53機のドクターヘリが配備されています。
各都道府県ごとの一覧は、下記よりご覧ください。
救急ヘリ病院ネットワーク HEM-NET


4.フライトナースの勤務体制は?


フライトナースは、普段はその病院の救急部門に一看護スタッフとして勤務しています。なので、1つの医療機関に複数人(10人前後)のフライトナースが勤務し、シフトで待機しているということになります。
そして、ドクターヘリの要請があればすぐに出動できるよう、フライト担当の日は、白衣ではなくフライトスーツを常時着用した状態で勤務しています。ドクターヘリの要請があれば、途中の業務は他の看護師に任せてすぐにヘリに乗り込めるようにしておく必要があります。


5.フライトナースのなり方まとめ


フライトナースになるには、
  1. 看護師経験5年以上+救急経験3年以上
  2. ACLS、JPTECプロバイダーの資格取得
  3. 第三級陸上特殊無線技士の資格取得
  4. ドクターヘリ講習会の受講
  5. ドクターヘリが配備されている病院に勤務すること

以上となります。

ドクターヘリのある病院の看護師求人を探す場合は、下記の求人サイトがオススメです。
働きながら無理なく転職活動ができて、安全な優良企業が運営する看護師転職サイトです。



年収アップ、休日多めの看護師の求人をお探しなら看護roo!☆

年収アップや休日多めなど、好条件の求人情報を多く保有し、条件交渉も任せて安心です。仕事もプライベートも充実したい看護師さんのために、徹底した看護師目線でミスマッチや早期離職が少なく、看護師からも採用担当者からも高評価!関東、関西、東海エリアが中心ですが、一般病院、救急病院の求人はもちろん、ドクターヘリのある病院や、希少なフライトナース求人もあります。【厚労省認定優良事業者】

看護roo!



看護師の転職サポート マイナビ看護師

最近の若い看護師さんなら誰もが学生時代にお世話になったことがあると思われます「マイナビ看護学生」の既卒ナース向けサービスです。全国対応で、学校や病院とのパイプも太い全国認知度No.1サイトです。域ごとに専門のアドバイザーが在籍しており、常に新鮮な情報を更新しています。自宅や職場の近くでの出張面談も可能。厚労省の「優良事業者」にも認定されており、完全無料、准看護師、保健師、助産師も歓迎です。【全国対応】



サイト名を「看護師さんに伝えたいこと」から「カンゴロク」に変更しました

こんにちは。

当ブログのサイト名を「看護師さんに伝えたいこと」から「カンゴロク」に変更することにしました。
以前より、類似サイトやよく似たタイトルが他所で使われており、検索にもヒットしにくくなっていました。
気に入っていたタイトルなので悩みましたが、ここは思い切って変更してしまえ!ってことで、「カンゴロク」に変更。
ありそうで無い名前。パッと頭に浮かんだので、これで決定!
「看護記録」から「カンゴロク」。検索してみたけど、同タイトルのサイトは見つかりませんでした。

しばらくは「カンゴロク(看護師さんに伝えたいこと)」と表記しておきたいと思います。
今後ともよろしくお願い致します。

これって違法?看護師/医療現場への人材派遣は原則禁止(一部除く)

看護師さんと話をしていると、派遣と紹介(直接雇用)の区別が出来ていない方がよくいらっしゃいます。
例えば、派遣で働いてたけど、「保険関係は病院で入ってました」とか、「直接雇用の派遣でした」とか、「短期の派遣で給料は病院からもらってました」など…。
これは実に怪しいのです。違法派遣の臭いがします。



(派遣と紹介の違いはこちら記事をご覧ください)

1.看護師の医療現場への派遣は原則禁止


先ず、基本的に病院や診療所における医療関連業務の派遣は、原則、法律で禁止されているのはご存知ですか?
ここで言う医療関連業務とは、医師、歯科医師、薬剤師の調剤、保健婦、助産婦、看護師・准看護師、栄養士等の業務を指します。

ただし、下記条件のいずれかに該当する場合は、派遣可能となります。

(1)紹介予定派遣(6か月以内に直接雇用で就職する前提)
(2)病院・診療所以外の施設(老健、社会福祉施設等)で行われる業務
(3)産前産後休業・育児休業・介護休業中の労働者の代替業務
(4)就業の場所がへき地・離島の病院等及び地域医療の確保のため都道府県(医療対策協議会)が必要と認めた病院等における医師の業務


このように法律では定められています。

上記の中で、一番都合よく利用されるのが、(3)の産休・育休者の代替要員です。
看護師の世界はまだまだ女性が9割以上を占める職業のため、産休・育休者が絶えずいる病院が多いですね。
ですので、元々の産育休者が復帰しても、別の産育休者の枠を利用し、つぎはぎで派遣契約を結び、長期勤務させるやり方です。
これは、特に違法や脱法性はなく、問題はありません。

ただし、派遣を多く受け入れている病院などでは産休・育休枠が足らなかったり、不人気の病院などでは、若い常勤看護師が少ないためにそもそも産休・育休を取る看護師が少なかったりします。
それでも看護師が必要な人手不足の病院は、一部の悪質な派遣会社に依頼をして、あの手この手でごまかして、違法・脱法的な看護師派遣を行なっているところもあります。

よくあるやり方は、派遣という名目で募集・採用して、実際は直接雇用。実は契約社員で働いていたというパターンです。
でも、それでは派遣会社は儲からないので、派遣料金に代る何らかの手数料や業務委託の契約をして、病院に請求しているのです。

2.同じフルタイムで働くなら常勤が絶対お得で安心


派遣の看護師さんはあくまで派遣会社の社員で、病院の職員ではありません。(雇用者は派遣会社)
ですので、派遣で働きながら給料は病院から支給することはできないし、そんな状態で働かせている病院や派遣会社は完全な派遣法違反、労働基準法違反です。

派遣は気楽とか、辞めやすいとか、責任が軽いとか、自分の都合に合わせて働けるとか、メリットも色々ありますが、派遣名目で実態は直接雇用でやっている所も多いので、人手が欲しい病院にとっては単なる人材集めの手段で、どっちでも大差はないということですね。

同じフルタイムで働くなら、ボーナスや昇給もある常勤で働いた方が絶対お得で安心ですが、人によっては、組織に染まらずに気楽に働きたい、人間関係に悩みたくない、給与や補償より時間(プライベートや趣味)を大切にしたい、他にやりたいこと(夢)がある、等の理由で派遣で働きたい看護師さんも多いと思います。

事情があり派遣で働きたいという看護師さんは、派遣会社選びは慎重に!
ダメな派遣会社に登録しちゃうと、派遣される施設もダメなパターンが多いですし、気付けば違法な働き方をしていたなんてことにもなりかねません。
違法や脱法の契約の下で働くのは気持ちの良いものではないです。

3.安心おすすめの看護師派遣会社



看護roo!派遣サービス


看護roo!派遣


看護師の派遣求人なら【看護のお仕事派遣】





きちんとした管理の元、実績のある看護師専門の派遣を行なっている派遣会社は数えるほどしかありません。
みなさん、くれぐれもご注意下さいね。

4.常勤での転職をお考えの看護師さんへ

下記の看護師転職サイトは、大手で数少ない「厚労省認定の優良事業者」なので、個人情報の取り扱いも万全、安心してご利用頂けます。今すぐ転職しなくても、とりあえず登録しておけば看護師さんに有益な情報、役に立つ情報を定期的に受け取れますよ。


求人案件1万件以上!業界トップクラスの看護師求人サイト「看護roo!」

徹底した看護師目線でミスマッチが少なく、看護師からも採用担当者からも支持率ナンバーワン! 業歴も長く情報も豊富です。第二新卒者や早期離職者の再就職サポートはもちろん、若手・中堅ナースのキャリアアップや管理職求人まで幅広く取り扱っております。高給与・好条件の非公開求人も多く扱っています。全国で初めて厚労省の「第一期優良事業者」として認定されており、個人情報の管理も万全。安全で信頼できる会社です。【関東・首都圏・関西・東海エリア】


看護roo!



看護師の転職サポート マイナビ看護師

最近の若い看護師さんなら誰もが学生時代にお世話になったことがあると思われます「マイナビ看護学生」の既卒ナース向けサービスです。全国対応で、学校や病院とのパイプも太い全国認知度No.1サイトです。域ごとに専門のアドバイザーが在籍しており、常に新鮮な情報を更新しています。自宅や職場の近くでの出張面談も可能。厚労省の「優良事業者」にも認定されており、完全無料、准看護師、保健師、助産師も歓迎です。【全国対応】





派遣と紹介の違い|看護師の派遣、紹介、紹介予定派遣・・・

派遣と紹介の違いや仕組みを理解しましょう。



1.人材派遣とは?


派遣会社を営むには、一般労働者派遣事業または特定労働者派遣事業の免許(許認可)が必要です。
派遣会社に雇用された人材を派遣先の病院や企業に派遣し、お給料は派遣会社から支給されます。もちろん、社会保険や雇用保険、年金なども派遣会社で加入することになります。
派遣社員の方は、派遣先の病院や企業に労働力だけを提供し、その対価として、病院や企業は、派遣会社に派遣料金を支払います。派遣会社はそこから利益や保険料などを差し引いて、派遣社員に給料を支払います。

例えば、看護師さんの時給が1800円の派遣のお仕事であれば、病院が派遣会社に払う料金は時給2500円から3000円くらいです。

月150時間働いたら、
1800×150=270000円(看護師さんの給料)
2500×150=375000円(派遣会社の売上)

この差額の105000円が月々の派遣会社の取り分となり、そこから看護師さんの健康保険や厚生年金保険料、労働保険料などが支払われます。(給与以外にかかる人件費を付帯人件費と言います。)で、さらに余った金額が派遣会社の利益となります。

105000円もピンハネされるの!?と思うかもしれませんが、そこから皆さんの健康保険料、厚生年金保険料、雇用保険料、労災保険料、他、雇用することにより発生する“付帯人件費”を差っ引くと、派遣会社の取り分は微々たるものなですね。
しかも、さらにそこから広告宣伝費や営業活動費も必要になり、営業利益として残るのは本当に微々たるものです。
看護師さんは給与水準が高いので、社会保険料なども高く、派遣会社が負担する付帯人件費も高くなります。
そのかわり、派遣の看護師さんが勤務している間は、派遣会社は毎月安定した利益を得られる、いわゆる薄利多売式の商売になっています。

取引先(派遣先)を多く確保し、常に多くの派遣スタッフを安定して派遣している派遣会社は、薄利多売のシステムで多くの利益を得られ、みなさんの給与(時給)にも反映することが出来る、良い会社である指標にもなりますね。

ただし、看護師の医療現場などへの派遣は、一部を除き、原則として法律で禁止されています。
「看護師の派遣は原則禁止」の記事へ

で、認められている一部とは、下記のようなものです。

(1)紹介予定派遣(6か月以内に直接雇用で就職する前提)
(2)病院・診療所以外の施設(社会福祉施設等)で行われる業務
(3)産前産後休業・育児休業・介護休業中の労働者の代替業務
(4)就業の場所がへき地・離島の病院等及び地域医療の確保のため都道府県(医療対策協議会)が必要と認めた病院等における医師の業務


看護師専門の派遣会社は、上記を上手く利用し、派遣のお仕事を紹介してくれます。
大きな病院等では、常に産休・育休者などが多く居ますので、その枠を利用して長期で勤務することも可能ということですね。
また、紹介予定派遣などでは、派遣で働いてみて自分に合いそうなら6ヶ月後に常勤(直接雇用)に切り替えることも可能ということです。

また、健診やイベントなど短期・単発のお仕事や週1~週3日くらいで働けるお仕事が見つかるのも派遣の魅力ですね。
ちょっと離島での看護を経験してみたいなーとお考えの看護師さんにも派遣がオススメです。
寮を使えたり赴任旅費を出してくれるところもあるので嬉しいですね。

病院・施設にとっても、繁忙期や産休の代替など期間限定で看護師を確保できる派遣のシステムはありがたい制度でもありますが、あまり派遣に頼り過ぎると、気付けば常勤がすごく少なくなっていたり、教育が行き届かず看護の質が低下して医療事故・ミスが発生する恐れもあるので、利用はほどほどにしたいところです。

派遣会社は世の中に沢山ありますが、適正な管理で看護師専門の派遣を行なっている派遣会社は数えるほどしかありません。
中には違法・脱法的な看護師派遣を行なっている業者も多く、適当な派遣会社に登録しちゃうと、意図せず違法や脱法の契約の下で働いたなんてことになりかねません。

派遣会社選びはくれぐれも慎重に、ダメな派遣会社につかまらないよう気を付けてくださいね。


2.人材紹介(看護師紹介)とは?


人材紹介業を営むには、有料職業紹介事業の免許(許認可)が必要です。
病院から依頼のあった人材を紹介会社が代わりに探し、紹介した人材が病院や企業に採用された時点で病院側に紹介手数料が発生します。
看護師専門の転職サイトや看護師の紹介所などを運営しているのは、このような人材紹介会社が中心です。

採用決定後、雇用関係は病院と直接になるので、お給料は病院から支払われます。保険関係も病院で加入します。
通常の常勤採用と変わりません。民間版ハローワークみたいなもので、採用後は病院の職員として普通に勤務し、紹介会社との関係はなくなります。
病院が紹介会社に支払う手数料は、看護師さんの場合、年収の20%~30%で、金額で言うと、だいたい一人あたり、80万円~120万円くらいです。
派遣と違い、紹介の場合は、病院が支払う手数料は払い切りになるので、紹介会社にとっては継続的な利益は得られませんが、雇用のリスクや付帯人件費がかからないので、丸々紹介会社の利益になります。
紹介会社によっては、就職が決まった看護師さんにお祝い金などを支給しているところもいくつかあります。

⇒ “看護師紹介サイト・人材紹介サイトのしくみ・お祝い金がもらえるひみつ”はこちら!

あと、派遣と紹介のミックスで“紹介予定派遣”というものがあります。


3.紹介予定派遣とは?


紹介予定派遣とは、派遣期間は6カ月を上限とし、派遣期間終了後は、派遣先の直接雇用になる前提での働き方となります。
派遣の6ヶ月間は時給など派遣料金で契約し、直接雇用に切り替え時に病院が紹介料を派遣会社に支払います。
看護師、准看護師の医療現場への通常の派遣は禁止されておりますが、紹介予定派遣は認められています。
病院・施設にとっても、看護師さんにとっても、お互い試用期間を設けてお試し勤務が出来ると思えば、良い制度ですね。



徹底サポートの看護師派遣なら!【看護のお仕事派遣】

「看護のお仕事」は、厚生労働省の『職業紹介優良事業者』第1期事業者に認定されました。現在認定されているのは全国で27事業者で、その中でも看護師専門の事業者は3社のみ。その中でも看護師の派遣を行なっているのは「看護のお仕事」だけです。




検索

安心オススメ看護師求人サイト

今すぐ転職しなくても有益な情報を定期的にチェックできます。厚労省認定の優良サイトで個人情報の管理も万全、登録も利用も完全無料なので安心してご利用いただけます。


業界支持率ランキングNo.1!
条件交渉・年収アップに強い!
看護師求人
(首都圏・関西・東海エリア)



准看護師、保健師、助産師も歓迎!
全国で認知度No.1看護師転職サイト

(全国対応)



ハテナースやペリカレでも有名!
エリア専任担当が全国に常駐

(全国対応)



全記事表示リンク

プロフィール

かんごっぴ

かんごっぴ
看護師紹介会社のコーディネーターから看護師に転身。現在は某病院の看護部サポート室で看護師の採用や新人教育・フォローを担当しています。

メールで質問する

名前:
メールアドレス:
件名:
本文: