看護師さんの賢い転職活動のしかた

安易な転職はできることならしない方がいいどんなお仕事においても基本的に安易な転職はオススメできません。少しくらいの嫌なことや失敗したくらいで転職しちゃうのはもったいないです。後先考えずに飛び出してしまうと、後々後悔することもありますので、転職の際は慎重に行動しましょう。人生いろいろとはいえ、人生いろいろありますよね。引っ越しや家庭の事情、病院の経営悪化や給与ダウン、人間関係、組織自体に問題がある場...

自分で就活は大変?看護師さんの転職、任せて安心の紹介会社は?

自分で転職活動をしてみた結果私は個人的に、就職活動は自分自身で動いて直接応募する方が良いと思っていました。 そして、実際に自分が転職活動をしなくてはいけない状況になり、就活の現実を見て驚きました。先ず、ネット上には求人情報が溢れており、どれが最新の求人なのか、どれが正規の求人記事なのか全く判断できず、情報収集だけで多くの時間と労力を費やし、とても疲れました。 働きながら自分で転職先を探すの...

病院の奨学金を借りる際は慎重に/就職後のお礼奉公のこともよく考えて

看護の世界では、昔から奨学金の利用が盛んです。 特に最近では不景気なこともあり、奨学金を利用する看護学生さんが急増していますね。 学校によっては、ほとんどの生徒が奨学生なんて学校もあり、病院によっては新人ナース全員が奨学生なんて病院も珍しくありません。高額の奨学金でもお礼奉公で返済免除入学時から奨学金で入学する看護学生は、入学した時点で就職先が決まっています。そして、卒後3年間~5年働いたら返済が免除...

7対1看護配置とは?病棟配置基準 7対1について

7対1というのは、病棟の看護配置の基準で、他に10対1とか13対1等があります。 簡単に言うとその病棟の入院患者数に対する看護師数の割合のことで、10対1より7対1の方が看護師を多く配置し、看護体制は充実しているということになります。急性期病院なら7対1が当たり前最近は、急性期の病院では7対1が当たり前になってきましたね。 看護師の皆さんも就職時などのおいて重要なポイントとして見ていると思います。7対1は儲かる...

ボーナス後に退職してしばらく休養/賞与+有休消化+退職金+失業保険(賢い転職のしかた)

そろそろボーナスの時期が近づいてきましたね!やっぱりお金は大事です! 既に支給されているナースもいると思いますが、7月がボーナス支給月の病院がほとんどでしょう。 そして、ボーナスもらってから退職を考えているナースも多いかと思います。 でも、ボーナス支給前に退職届を出すのって、ちょっと勇気要りますよね。 また、もらってすぐに退職の意向を伝えるのも言いにくかったり。目次 1.退職が決まっているけどボーナス...