カンゴロク(看護師さんに伝えたいこと)

一般企業の看護師求人|企業医務室、学校、保健室、メーカー等・・・

看護師の資格・経験を生かして企業で働いてみたい、と考えている看護師さんも多いですね。
最近は、看護師さんを採用したい企業も増え、求人も増えているようです。ただし、病院等と違い、一社当たりの看護師の採用人数は少ないため、非常に倍率は高い傾向にあります。夜勤もなく、土日祝もお休みのお仕事が多いので、とても人気の求人となります。

求められる企業看護師


昨今、企業内での病気やケガのフォローはもちろんですが、メンタルケアが非常に重要視されています。セクハラ、パワハラ、出社拒否や自殺など・・・。
そのような悩みを抱えている企業経営者は、上記のような社員の精神的フォローやトラブル対応が出来る医療経験者を求めています。
また、昔と違って、今の看護師さんは、電子カルテやパワーポイントも使いこなし、普段からパソコン慣れしています。また、文章力、対人能力、コミュニケーション能力にも長け、対応の難しい高齢患者さんやその家族を相手にしてきた看護師さんは、一般企業でも十分に活躍できる能力を持っています。
ビジネスマナー・ビジネススキルこそ弱いですが、そんなものは後からついてきます。人並み以上に勉強し、大変な実習や実務をこなしてきた経験から、むしろ、その辺の事務員や営業職にはそうそう負けないでしょう。企業にとっても、そんなスキル・経験を持った看護師さんは引く手数多ということです。

しかし、一般企業が看護師を募集している求人などは、なかなか見つけることが難しいですね。看護師の企業求人は倍率が高く、応募が殺到するため、非公開求人として紹介会社に依頼している企業が多いのです。
一般企業に慣れていない看護師さんにとっても、どんな会社であるかを事前調査・解説してくれる紹介会社は心強い存在と言えますね。

では、看護師さんを必要としている一般企業の求人はどのようなものがあるのか見ていきましょう。

1.企業内医務室


特に大企業に多い求人です。企業規模が大きくなれば、社員数も増え、社員の健康管理や傷病対応、感染対策等が必要になってきます。保健師のイメージが強いですが、看護師の資格だけでも働けます。
特にメーカーなどでは、現場での怪我、体調不良なども多々あり、医務室を常設している企業が多いです。
基本的に、看護師・保健師が1~2名で対応しているところが殆どですが、中にはパートや派遣も入れてシフト勤務しているところもあります。人数が少ない分、責任は大きくなりますが、毎日のように患者が来るわけではないので、比較的ゆったりとした環境の中で仕事が出来ると思います。
年に数回のイベント(健康診断、インフルエンザ予防接種、保健指導、検便、検尿など)では、その対応も看護師の業務となります。


2.学校保健室(学校看護師)


学校関係でも看護師の求人があります。
公立学校(小・中・高)の保健室で働くには「養護教諭」の免許が必要になってきますが、実は、私立の学校や大学、専門学校では養護教諭の免許が不要なところが多く、看護師や保健師の資格のみで保健室で働くことができます
最近は保健師や養護教諭よりも経験豊富な看護師を求めるところも多くなっています。いくら保健師や養護教諭の資格があっても経験が無ければあまり役に立たず、医療・看護の知識技術面はもちろんですが、メンタル面でストレス耐性がないと続かないからです。急性期病院などの医療最前線でディープな経験を重ねた看護師さんは、学校などでも大活躍できる人材なのです。


3.看護師専門の派遣・紹介会社


ここ、穴場です。看護師専門の人材派遣や人材紹介を行なっている会社はかなり多くあります。これらの会社は、病院・企業と求職者の間に立ち、就職(採用)のお手伝いをするのがお仕事。その対価として、採用企業から採用手数料(紹介料)を得て商売が成り立っています。ですので、派遣・紹介できる看護師さんの登録をいかに多く確保するかで、勝敗が決まってきます。
これらの企業は、現役の看護師さんを取り込むことにより、看護師さんの本音やリアルな医療現場の実態を知ることができ、看護師目線でニーズを研究し、サービスの充実につなげることができます。
看護師さんが紹介会社で働く場合、主にコーディネーターやコンサルタント的な立場で、求職者と求人企業の間に立ち、入職までお手伝いする立場となります。また、これから看護師紹介や医療系人材の部門を立ち上げたいと考えている企業等では、現役の看護師や薬剤師を取り込み、一緒に商品化を進めることができますね。
お仕事はそんなに難しくありませんが、人と話すのが好きで、相手の立場で考えることが大事。また、清潔感や相手に好印象を与える身だしなみ等が重要になってきますね。


4.保育園・幼稚園


保育園や幼稚園、託児所に常駐して、日々、園児の健康管理・傷病対応を行ないます。学校保健室に近いお仕事ですが、対象が乳幼児であるため、日々の患者も多くなります。また、保育業務も一緒にお願いされる場合が多く、学校の様に保健室に待機しているという感じではないでしょう。
親御さんからの相談やクレーム対応などもあり、病院で培った経験が存分に活かされますね。
小児科経験のある看護師さんや、子供好きの看護師さんには最適で、比較的求人も多いお仕事です。


5.フィールドナース


医療機器メーカーや医薬品メーカーで働く看護師さんです。
主にその企業の商品を売る営業マンに同行したり、単独で営業先に訪問し、その商品の機能や使い方を解説したり具体的な例を挙げて説明したりします。言わば営業ナースと言ったところでしょうか。基本的にスーツで取引先を訪問し、医師や薬剤師などを相手に営業をします。身だしなみは看護師の時より気を使う職業と言えます。
看護師さんは、一般の営業マンにはわからない医療業界での専門用語や隠語、現場でのリアルな声を拾い上げることが出来るため、医療機器メーカーや医薬品メーカーにとっては非常に有難い人材と言えますね。


6.コールセンター


健康や医療に関するコールセンターに勤務し、電話での相談業務が中心となります。
医療機関や製薬会社が多いですが、他にも、地域の自治体が行なっている健康相談サービスや健康食品・健康器具メーカーなどがあります。また、コールセンターを専門に請け負っている会社などもあり、求人も多い業界です。
直接患者に接しないため、対面での対応が苦手な方や、髪型やお化粧が奇抜で医療機関などでは働けない方には良いと思いますが、日々電話で喋り続ける業務のため、ストレスも多く、長期的に働ける仕事とは言い難いです。そのため、派遣やアルバイトでの求人が圧倒的に多いです。


7.治験コーディネーター(CRC)


新薬開発に際して行なわれる治験において、医療機関や製薬会社との間に入り各種調整を行なうお仕事です。また、被験者への説明、看護ケア、関係スタッフとのスケジュール調整など、治験を進める過程でのトラブルやミス、遅延等が起きないよう責任を負う立場となります。
治験コーディネーターの勤務先は、主にSMOと呼ばれる治験を専門に行う企業になります。SMO企業では、治験コーディネーターを教育・研修し、医療機関等に派遣しています。
実は、治験コーディネーターにに資格は不要なのですが、業務の内容から、看護師や薬剤師の資格を必須とした求人がほとんどです。


8.臨床開発モニター


新薬開発に際しての治験が医療機関で適正に行われているかをチェックするのが、臨床開発モニターの主な役割です。治験コーディネーターと混同しがちですが、臨床開発モニターは、被験者に接することはありません。製薬会社の立場から医療機関等に出向し、治験に関する手続きや流れを医師や治験コーディネーター、関連部署などと打ち合わせをし、データ収集、報告書を作成したりします。
事務的な仕事が多いため、エクセル・ワードはもちろん、エクセル関数等も多用するため、高いPCスキルが必要となります。


その他、イベントナースツアーナースレジャー施設スキー場などでも求人がありますが、これらは比較的、短期・単発の派遣やアルバイト求人が多いかと思います。

今は、一般企業も景気が上向いており、採用も活発化しています。
看護師さんを採用したい企業もすごく増えているので、企業で働きたい看護師さんにとってはチャンスかもしれませんね。




求人案件1万件以上!業界トップクラスの看護師求人サイト「看護roo!」

徹底した看護師さん目線に拘ってミスマッチや早期離職が少なく看護師からも採用担当者からも高評価!一般病院の求人はもちろん、大手企業との繋がりが強く、希少な企業系求人もあります。(関東・東海・関西エリア限定 ※厚労省認定優良事業者)
看護師の転職なら看護roo!




看護師の転職サポート マイナビ看護師

就活の定番「マイナビ」にも看護師専門の紹介部門があります。看護学生向けの合同説明会や就活サイトも運営しており、全国の一流企業はもちろん、公的病院や大手民間病院、大学病院などとのパイプも太い会社です。(全国対応/保健師・助産師・准看護師もOK/厚労省認定 優良事業者)





看護師の紹介料ってどれくらい?転職サイトの手数料と祝い金の仕組み

看護師さんが転職する際の就活、働きながらのお仕事探しは大変ですよね。
なので、インターネットや携帯サイトで見つけた求人サイトや転職支援サイトから気軽に登録して、あとは紹介会社のコンサルタントにお任せ!みたいな方も多いのではないでしょうか。
しかし、この人材紹介って、“無料紹介”なんて書いてありますが、実は病院側にはけっこうな費用(紹介手数料/コンサルティング料など)が発生していることはご存知ですか?




1.看護師の紹介手数料の相場は年収の20%~30%


どういうことかというと、

年収500万円の看護師さんが、紹介会社を通して、ある病院に就職したとすると、

500万円×20%=100万円

そう、100万円の紹介手数料を就職先の病院が支払うのです。

1人採用して100万円、10人で1000万円です。
病院側にとっては大きな出費ですね。
しかも、早期に退職したとしても、3ヶ月~半年以上勤務すれば殆ど返金無しです。

なので、正直なところ、病院としては直接応募してくれる方がありがたかったりもします…。

でも、世の中まだまだ看護師不足、看護師争奪戦です。
なかなか直接の募集では良い人材が採用できないのも事実。それどころか、募集広告を打っても、一人も応募が来ないこともざらです。


2.100万円を高いととるか安いととるか


自社で何十万、何百万円と費用をかけて求人広告を打っても、看護師さんから応募が来る保証もなく、1人も採用できなくてもお金は戻って来ません。
しかも、応募があれば、見学~書類選考~面接~合否通知 まで、全て病院側で対応が必要になり、年齢や経験等でそもそも採用の見込みが無い人への対応など、無駄な面接対応に追われることになります。
100人応募があったとしても、ターゲットとしている人材が来てくれる保証はないわけですね。

そう考えると、

確実にターゲットとしている看護師さんをピンポイントで紹介されて、効率的に採用でき、その成果報酬として支払う紹介手数料は、実はそんなに高いものではないんですね。来るか来ないかわからない、ギャンブル的な求人広告より、確実でスピーディーに即戦力となる人材を採用できる人材紹介の方がリスクが低くて楽チンだったりするのです。

また、別の考え方としては、
年収(人件費)が500万円の看護師さんを採用した場合、最初の年だけその看護師さんの人件費が600万円になると考えれば、そんなに高いと感じないわけです。


3.「お祝い金」を支給してくれる紹介会社は大丈夫?


「お祝い金」や「転職支度金」を出してくれる紹介会社って聞いたことありますよね。
お金で釣るのは怪しいと思われるかもしれませんが、全くそんなことはありません。

このお祝い金、実は、病院が払うこの紹介手数料から支払われているんです。
病院が払う紹介料 約100万円の中から、就職する看護師さんに数パーセント還元してくれているのです。
お祝い金が発生するからといって、他の紹介業者より紹介料が高いとか、そんなことは全くなく、どこの業者でも紹介料は変わりません。
お祝い金を支給している会社は、他社に比べて経費削減にとても努力しています。とくに広告宣伝費などは大幅に削減し、その部分を転職する看護師さんにお祝い金として支給しているんです。
怪しいどころか、むしろ、すごくやさしい会社なのです。
そして、お祝い金を支給することにより口コミは広がり易くなり、認知度が上がります。お祝い金が広告宣伝にもなるわけですね。
それでも紹介会社さんにはちゃんと利益が残ります。なので、看護師の皆さん、遠慮せずにもらえるものはもらっちゃいましょう。

-------------------------
業界で先駆けてお祝い金を支給していたのが、ディップの『ナースではたらこ』でしたが、残念ながら2015年6月30日をもってお祝い金制度(ハッピーボーナスキャンペーン)は終了となりました。
近年、大手の看護師紹介会社の間である協定が結ばれ、大手看護師紹介会社の大半がお祝い金制度を廃止してしまいました。
現在、お祝い金制度が残っているのは下記リンクに掲載している会社のみとなります。

>>お祝い金がもらえる看護師紹介サイト一覧
-------------------------


4.オススメは「大手優良」看護師転職サイト


転職サイトを運営する看護師紹介会社は、沢山の情報を集めて、看護師さんの希望条件にあう就職先を見つけてくれるので、とてもありがたいですが、反面で彼らも商売でやっていることを忘れないでください。特に設立間もない若い会社や、無名の業者、担当者がホストみたいにチャライ人だったり怪しげな業者(笑)は要注意です。

情報もない営業力もない、つまらない業者に捕まらないように!
中には、目先の利益を優先して全く希望に合わない病院を紹介して強引に決めようとする業者や、嘘八百並べてくる担当者もいるので、くれぐれもお気を付け下さい。

病院側としても、いくら紹介された看護師さんが良い人材でも、紹介会社の担当者が頼りなかったり、信用性に欠けると感じた場合、その会社とは取引したくないので採用を見送らざるを得ない場合があります。

お祝い金の有無に関わらず、病院にとっても看護師さんにとっても大手で母体がしっかりした企業が安心です。

下記の紹介会社は私の病院でも主力の看護師紹介会社、大手の安心できるサイトです。
すぐに転職しなくても質の高い業界情報や非公開求人を定期的にチェックできますよ。

※一度に多く登録すると、先方とのやり取りが大変になるので、最初は2つくらいまでに留めましょう。



求人案件1万件以上!業界トップクラスの看護師求人サイト「看護roo!」

徹底した看護師さん目線で支持率ナンバーワン!ミスマッチが少なく看護師さんからだけでなく、採用担当者からも高評価◎ 運営会社は東証一部上場企業の㈱クイック。「カンゴルー」の愛称で看護師さんなら誰しも知っているサイトです。厚生労働省の第一期優良事業者に認定された安心企業です。(首都圏、関西、東海エリア/准看護師・助産師もOK)
看護師の転職なら看護roo!




看護師の転職サポート≪登録無料≫マイナビ看護師

看護に限らず就活の定番ですね。女性の担当者が多く、丁寧で親切。新卒向けの就職フェアや就活サイトも運営しており、学校や病院とのパイプも太い会社です。(全国対応/看護師・准看護師・保健師・助産師もOK)






「自分にぴったりの病院に転職したい!」そんなあなたに【ナースではたらこ】

「友達にすすめたい第1位」・「提案力第1位」・「楽天リサーチ満足度3年連続 第1位」 等の獲得実績があり、とても人気の転職サイトです。全国対応で、厚生労働省の「第一期優良事業者」に認定、完全無料、安心して利用できる看護師転職サイトです。








7対1看護配置の落とし穴





1.7対1=看護師が多い?


看護師の皆さんは、7対1=看護師が多いと思っていませんか?
確かに7対1の病院は10対1よりも看護体制が充実しているという指標となります。

しかし、前回も述べた通り、病院は出来るだけ少ない看護師数で7対1を取得する方が儲かるのです。
7対1でも看護師の人数が多すぎると、人件費が増えて赤字になってしまいますし、ギリギリすぎると7対1を割ってしまい、認可を取り消される恐れがあります。

ですので、適正な人数での看護配置7対1の維持はなかなか難しい舵取りとなります。

7対1看護配置は病棟の看護師数のみが対象となります。

そのため、多くの病院では、看護師数を操作し、調整しながら7対1を維持しています。
その方が儲かるからです。

例えば、外来と病棟を兼任させたり、頻繁に部署異動や応援勤務をさせたり、他部署への名前貸し、休日出勤など・・・、出来るだけ看護師数を少なく人件費を抑えて7対1を維持しているのです。

もちろん、小細工はせずに健全な形で7対1を取得している病院も沢山ありますが、そうじゃない病院にあたると、お休みが取れなかったり、一人当たりの業務負担が大きく、看護師にとっては働きにくい病院ということになります。



2.健全な7対1病院の見極め方


では、健全な7対1看護配置の病院を見分けるにはどうしたらよいか。
その判断基準の一つとしては、病床数に対する看護師数の割合を見ることです。

例えば、350床のベッド数に対して、280名の看護師数で7対1の病院もあれば、350名で7対1の病院もあります。
稼働率や勤務体制、各部署の配属の割合にもよりますが、同じくらいの規模の7対1病院で比較するのであれば、これが一番手っ取り早いです。
ちなみに、350床くらいで2交替の急性期病院であれば、看護師数は320~360名くらいの看護師数が健全ではないでしょうか。
(※ 外来や手術室など、病棟以外の部門の規模などにもよるので、一概には言えませんが。)

中には、7対1になる前の10対1のときの方が働きやすかったなんてことも珍しくありません。



3.先ずは安心して健康的に働ける病院であること


もちろん利益も大切ですが、看護師さんが安心して健康的に働けることが第一優先じゃないでしょうか。頑張って7対1を取得しても、働きにくい病院になっては本末転倒です。

そもそも病院は、看護師さんがいないと営業できなくなってしまいます。

名ばかり7対1病院ではなく、真っ当な7対1病院を見分けるのはなかなか難しいですが、看護師専門の紹介会社を利用するのも一つの手です。紹介会社さんは、多くの病院・施設とお付き合いがあり、人材に関する内部事情を把握しています。さらに入職者からも退職者からも生の情報を得られますので、新鮮な生きた情報を常に更新しています。

大手で適正な運営をしている紹介会社なら、適正な7対1で運営されている病院を知っています。(知名度の低い怪しい紹介会社などにはくれぐれもご注意ください。)



4.転職をお考えの看護師さんへ


下記の看護師転職サイトは、大手で数少ない「厚労省認定の優良事業者」なので、個人情報の取り扱いも万全、安心してご利用頂けます。今すぐ転職しなくても、とりあえず登録しておけば看護師さんに有益な情報、役に立つ情報を定期的に受け取れますよ。


【1】 求人案件1万件以上!業界トップクラスの看護師求人サイト「看護roo!」

徹底した看護師目線でミスマッチが少なく、看護師からも採用担当者からも支持率ナンバーワン! 業歴も長く情報も豊富です。第二新卒者や早期離職者の再就職サポートはもちろん、若手・中堅ナースのキャリアアップや管理職求人まで幅広く取り扱っております。高給与・好条件の非公開求人も多く扱っています。厚労省の「第一期優良事業者」として認定されており、個人情報の管理も万全。安全で信頼できる会社です。(首都圏・関西・東海エリア/厚労省認定 優良事業者)


看護師の転職なら看護roo!





【2】 看護師の転職サポート マイナビ看護師

就活の定番「マイナビ」にも看護師転職の紹介部門があります。学生向けの合同説明会や就活サイトも運営しており、学校や病院との信頼関係も強い会社です。学生時代にお世話になった看護師さんも多いかと思います。比較的若いスタッフが活躍しており、いつも活気ある健康的な会社です。(全国対応/保健師・助産師・准看護師もOK/厚労省認定 優良事業者)






来春4月に転職を考えている看護師さんへ

早くも夏が終わり、秋の気配が近付いてきておりますね。
そろそろ来年の4月入職に向けて転職活動を開始する看護師さんが多い時期ですが、まだ余裕もあるのでボチボチと言ったところでしょうか。

転職活動は早め早めに賢く行動


賢い看護師さんは早め早めに行動し、既に来年4月の入職を前提に内定をもらっている方も多いです。
やはり、人気の病院、いい求人は早くに埋まってしまいます。良い転職をしたいなら、早め早めが肝心ですね。
思い立ったが吉日。後回しにせず今すぐ情報収集を開始されることをおすすめします。

おすすめの転職活動時期


逆に、病院等では9月~11月は年間を通して一番応募が少ない時期でもあります。看護師専門の紹介会社などもこの時期が一番登録者が少なくなるそうです。

そう考えると、今(秋)が穴場!


この時期より来春の中途採用情報が出始めますが、応募者、登録者が少ない分、ライバルが少なく、人気の求人、いい病院を多くの情報から選べると言うことです。
また、病院や施設、紹介会社の担当者も余裕があるため、しっかりと密な対応をしてくれます。

好条件の人気の病院やいい求人は、すぐに埋まってしまいます。
また、12月以降は駆け込みの登録者、応募者が一気に増え、ライバルが多くなりますね。そうなると、選考も厳しくなり、希望の病院への入職、希望の配属も叶いにくくなります。
ギリギリで焦るとろくなことありません。

4月から転職を考えている看護師さん、動くなら今ですよ!




【1】東証一部上場・厚労省認定の優良サイト「看護roo!」

徹底した看護師目線でミスマッチが少なく看護師からも採用担当者からも支持率No.1!人気の希少求人も扱っており、今すぐ転職しなくても有益な情報をいち早く届けてくれますよ。もちろん登録・利用は完全無料、安心してご利用頂けます。(関東・東海・関西 ※厚労省「第一期優良事業者」認定サイト)

看護師の転職なら看護roo!




【2】 看護師の転職サポート マイナビ看護師

就活の定番「マイナビ」にも看護師専門の紹介部門があります。看護学生向けの合同説明会や就活サイトも運営しており、全国の公的病院や大手民間病院、大学病院などとのパイプも太い会社です。(全国対応/保健師・助産師・准看護師もOK/厚労省認定 優良事業者)




精神科と心療内科の違い

精神科と心療内科って何が違うの?
なんとなく同じような意味合いで混同している方も多いと思いますが、意外とわかりやすく明確に分けることができます。

精神科とは?

精神科は、精神的な疾患(心そのものの病気)を扱う科です。
精神科の主な疾患としては、うつ病、統合失調症、依存症、双極性障害などが知られています。
目に見えない“心”を扱うため、スピリチュアルなイメージが強いですが、決して珍しい病気ではなく、誰もがなりうる病気です。
気分が落ち込む、無気力、眠れない、物事に集中できない、幻覚や妄想、無為自閉などの症状が精神疾患の特徴です。
また、昨今の芸能人のスキャンダルやニュースでも話題の薬物依存症やアルコール依存症、児童思春期のネット・スマホ依存症、虐待等によるPTSDなども精神科領域の病気となります。
精神疾患は身体的な異変や視覚的な症状が表れないため、画像検査や血液などの検査で確認することが難しいという特徴があります。


心療内科とは?

心療内科は、心身症(心の不安感などからくる身体的疾患)を扱う科です。
例えば、仕事のストレスから腹痛や下痢になった。家族間で悩みがあり胃潰瘍になった。緊張すると頭痛や高血圧が出るなど、多岐にわたります。精神科に比べると身近で誰でも一度は経験のある症状が多いのが特徴です。
精神科的な治療と内科的治療を組み合わせた治療が必要になることが多いです。


以上、精神科と心療内科の違いでした。

検索

安心オススメの看護師求人サイト

今すぐ転職しなくても有益な情報を定期的にチェックできます。厚労省認定の優良サイトで個人情報の管理も万全、登録も利用も完全無料なので安心してご利用いただけます。


業界支持率ランキングNo.1!
徹底した看護師目線で人気No.1! 看護師求人
(首都圏・関西・東海エリア)



就活の定番/学生支援も充実!
マイナビの看護師転職サポート

(全国対応)


楽天リサーチ満足度第一位!
友達にすすめたい第一位

(全国対応)

全記事表示リンク

プロフィール

かんごっぴ

かんごっぴ
看護師紹介会社のコーディネーターから看護師に転身。現在は某病院の看護部サポート室で看護師の採用や新人教育・フォローを担当しています。

メールで質問する

名前:
メールアドレス:
件名:
本文: