ブラック病院って本当にあるの?ブラック病院の見分け方・見極め方/看護師としての経歴に傷が付かないように…

全国の病院数の総計は約8,500施設程と言われておりますが、診療所など小規模の施設も合わせると約177000施設にも及ぶと言われています。
設置主体や経営者によって病院のカラーも様々ですが、その中でも、ブラック病院と呼ばれる様な悪質な病院には要注意です。
私が知る病院の中にも、本当にひどい病院がいくつかあります。
そういった病院に入ると負のオーラが充満していて、スタッフの顔に生気がないのですぐにわかります。
下記の3病院は、私の知るブラック病院の一例です。

精神科A病院
患者を縛り付けて放置、看護師はゲームしている。
1日~2日間はおむつ替えをしない。
看護師が時間通りに出勤してこない。
看護管理者がいない。

一般病院B病院
給与が異常に高い。
通常のケアや業務は新人にやらせて、ベテラン看護師はほぼ一日休憩室で過ごす。
新卒採用は殆どしていない(採用できない)。
真面目な看護師への負担が大きくすぐに辞めてしまう。

一般病院C病院
医師が異常に少ない。
給与が異常に高い。
喫煙ナースが多い。
未だに布おむつで、おむつ替えは1日1回。
7対1を不正に取得している。

などなどです。

実名はここでは挙げられませんが、本当にある病院で、実態をみるとゾッとしますよ。

以下はブラック病院を見極めるポイントです。(あくまで私見です。)

1.給与が異常に高い

2.看護師の顔色が悪かったり歯が汚い(良い病院では採用されない看護師が集まっている。)

3.看護師の白衣が汚れていて清潔感が無い

4.小規模の施設が多く、院長や経営者からの勧誘がすごい

5.スタッフに喫煙者が多く、喫煙コーナーが多い

6.新人の受け入れ体制や教育制度が整っていない

7.医師が少ない

8.病棟に汚物臭が漂っている

9.病院が汚い

10.若い看護師が少ない


などです。

患者さんの為にも真面目に働く看護師の為にも、ブラック病院を撲滅して行かないといけません。
ブラック病院で働いた経歴があると、いい病院はそこの出身者を敬遠し採用しません。
一度そういう病院で働くと経歴に傷が付いて、まともな病院では働けなくなるわけですね。

皆さんも高い給与に目がくらんでブラック病院につかまらないよう十分にご注意ください。



看護師の求人サイト 看護roo!

超・看護師さん目線で対応してくれるので、ミスマッチや早期離職も少なく、看護師からも採用担当者からも好評です。1年目~3年未満の早期離職者のサポートやキャリアアップ転職に強く、質の高い求人情報を厳選して紹介してくれます。

看護師求人


関連記事

テーマ : 医療業界
ジャンル : 就職・お仕事

コメントの投稿

非公開コメント

検索
安心オススメの看護師求人サイト
今すぐ転職しなくても有益な情報を定期的にチェックできます。厚労省認定の優良サイトで個人情報の管理も万全、登録も利用も完全無料なので安心してご利用いただけます。


業界支持率ランキングNo.1!
徹底した看護師目線で人気No.1! 看護師求人

(首都圏・関西・東海エリア)

就活の定番/学生支援も充実!
マイナビの看護師転職サポート
(全国対応)

楽天リサーチ満足度第一位!
友達にすすめたい第一位
(全国対応)

メールで質問する

名前:
メールアドレス:
件名:
本文: