一般企業で募集・採用される看護師求人の探し方|企業医務室、学校、保健室、メーカー等・・・

看護師の資格・経験を生かして企業で働いてみたい、と考えている看護師さんが多いですね。
最近は、看護師さんを採用したい企業も増え、求人も増えているようです。ただし、病院等と違い、一社当たりの看護師の採用人数は少ないため、非常に倍率は高い傾向にあります。夜勤もなく、土日祝もお休みのお仕事が多いので、とても人気の求人となります。

昔と違って、今の看護師さんは、電子カルテやパワーポイントも使いこなし、普段からパソコン慣れしています。

また、文章力、対人能力、コミュニケーション能力にも長け、対応の難しい高齢患者さんやその家族を相手にしてきた看護師さんは、一般企業でも十分に活躍できる能力を持っています。
ビジネスマナー・ビジネススキルこそ弱いですが、そんなものは後からついてきます。人並み以上に勉強し、大変な実習や実務をこなしてきた経験から、むしろ、その辺の事務員や営業職にはそうそう負けないでしょう。
企業にとっても、そんなスキル・経験を持った看護師さんは引く手数多ということです。

しかし、一般企業が看護師を募集している求人などは、なかなか見つけることが難しいですね。
看護師の企業求人は倍率が高く、応募が殺到するため、非公開求人として紹介会社に依頼している企業が多いのです。
一般企業に慣れていない看護師さんにとっても、どんな会社であるかを事前調査・解説してくれる紹介会社は心強い存在と言えますね。

では、看護師さんを必要としている一般企業の求人はどのようなものがあるのか見ていきましょう。

1.企業内医務室
特に大企業に多い求人です。企業規模が大きくなれば、社員数も増え、社員の健康管理や傷病対応、感染対策等が必要になってきます。保健師のイメージが強いですが、看護師の資格だけでも働けます。
特にメーカーなどでは、現場での怪我、体調不良なども多々あり、医務室を常設している企業が多いです。
基本的に、看護師・保健師が1~2名で対応しているところが殆どですが、中にはパートや派遣も入れてシフト勤務しているところもあります。人数が少ない分、責任は大きくなりますが、毎日のように患者が来るわけではないので、比較的ゆったりとした環境の中で仕事が出来ると思います。
年に数回のイベント(健康診断、インフルエンザ予防接種、保健指導、検便、検尿など)では、その対応も看護師の業務となります。
中にはテレビ局やタレント事務所などでの求人もあり、芸能人との出会いも…!?

2.学校保健室(学校看護師)
学校関係でも看護師の求人があります。
公立学校(小・中・高)の保健室で働くには「養護教諭」の免許が必要になってきますが、実は、私立の学校や大学、専門学校では養護教諭の免許が不要なところが多く、看護師や保健師の資格のみで保健室で働くことができます
最近は保健師や養護教諭よりも経験豊富な看護師を求めるところも多くなっています。いくら保健師や養護教諭の資格があっても経験が無ければあまり役に立たず、医療・看護の知識技術面はもちろんですが、メンタル面でストレス耐性がないと続かないからです。急性期病院などの医療最前線でディープな経験を重ねた看護師さんは、学校などでも大活躍できる人材なのです。

3.看護師専門の派遣・紹介会社
ここ、穴場です。看護師専門の人材派遣や人材紹介を行なっている会社はかなり多くあります。これらの会社は、病院・企業と求職者の間に立ち、就職(採用)のお手伝いをするのがお仕事。その対価として、採用企業から採用手数料(紹介料)を得て商売が成り立っています。ですので、派遣・紹介できる看護師さんの登録をいかに多く確保するかで、勝敗が決まってきます。
これらの企業は、現役の看護師さんを取り込むことにより、看護師さんの本音やリアルな医療現場の実態を知ることができ、看護師目線でニーズを研究し、サービスの充実につなげることができます。
看護師さんが紹介会社で働く場合、主にコーディネーターやコンサルタント的な立場で、求職者と求人企業の間に立ち、入職までお手伝いする立場となります。また、これから看護師紹介や医療系人材の部門を立ち上げたいと考えている企業等では、現役の看護師や薬剤師を取り込み、一緒に商品化を進めることができますね。
お仕事はそんなに難しくありませんが、人と話すのが好きで、相手の立場で考えることが大事。また、清潔感や相手に好印象を与える身だしなみ等が重要になってきますね。

4.保育園・幼稚園
保育園や幼稚園、託児所に常駐して、日々、園児の健康管理・傷病対応を行ないます。学校保健室に近いお仕事ですが、対象が乳幼児であるため、日々の患者も多くなります。また、保育業務も一緒にお願いされる場合が多く、学校の様に保健室に待機しているという感じではないでしょう。
親御さんからの相談やクレーム対応などもあり、病院で培った経験が存分に活かされますね。
小児科経験のある看護師さんや、子供好きの看護師さんには最適で、比較的求人も多いお仕事です。

5.フィールドナース
医療機器メーカーや医薬品メーカーで働く看護師さんです。
主にその企業の商品を売る営業マンに同行したり、単独で営業先に訪問し、その商品の機能や使い方を解説したり具体的な例を挙げて説明したりします。言わば営業ナースと言ったところでしょうか。基本的にスーツで取引先を訪問し、医師や薬剤師などを相手に営業をします。身だしなみは看護師の時より気を使う職業と言えます。
看護師さんは、一般の営業マンにはわからない医療業界での専門用語や隠語、現場でのリアルな声を拾い上げることが出来るため、医療機器メーカーや医薬品メーカーにとっては非常に有難い人材と言えますね。

6.コールセンター
健康や医療に関するコールセンターに勤務し、電話での相談業務が中心となります。
医療機関や製薬会社が多いですが、他にも、地域の自治体が行なっている健康相談サービスや健康食品・健康器具メーカーなどがあります。また、コールセンターを専門に請け負っている会社などもあり、求人も多い業界です。
直接患者に接しないため、対面での対応が苦手な方や、髪型やお化粧が奇抜で医療機関などでは働けない方には良いと思いますが、日々電話で喋り続ける業務のため、ストレスも多く、長期的に働ける仕事とは言い難いです。そのため、派遣やアルバイトでの求人が圧倒的に多いです。

7.治験コーディネーター(CRC)
新薬開発に際して行なわれる治験において、医療機関や製薬会社との間に入り各種調整を行なうお仕事です。また、被験者への説明、看護ケア、関係スタッフとのスケジュール調整など、治験を進める過程でのトラブルやミス、遅延等が起きないよう責任を負う立場となります。
治験コーディネーターの勤務先は、主にSMOと呼ばれる治験を専門に行う企業になります。SMO企業では、治験コーディネーターを教育・研修し、医療機関等に派遣しています。
実は、治験コーディネーターにに資格は不要なのですが、業務の内容から、看護師や薬剤師の資格を必須とした求人がほとんどです。

8.臨床開発モニター
新薬開発に際しての治験が医療機関で適正に行われているかをチェックするのが、臨床開発モニターの主な役割です。

治験コーディネーターと混同しがちですが、臨床開発モニターは、被験者に接することはありません。製薬会社の立場から医療機関等に出向し、治験に関する手続きや流れを医師や治験コーディネーター、関連部署などと打ち合わせをし、データ収集、報告書を作成したりします。
事務的な仕事が多いため、エクセル・ワードはもちろん、エクセル関数等も多用するため、高いPCスキルが必要となります。


その他、イベントナースツアーナースレジャー施設スキー場などでも求人がありますが、これらは比較的、短期・単発の派遣やアルバイト求人が多いかと思います。

今は、一般企業も景気が上向いており、採用も活発化しています。
看護師さんを採用したい企業もすごく増えているので、企業で働きたい看護師さんにとってはチャンスかもしれませんね。




求人案件1万件以上!業界トップクラスの看護師求人サイト「看護roo!」

徹底した看護師さん目線に拘ってミスマッチや早期離職が少なく看護師からも採用担当者からも高評価!一般病院の求人はもちろん、大手企業との繋がりが強く、希少な企業系求人もあります。(関東・東海・関西エリア限定 ※厚労省認定優良事業者)

看護師の転職なら看護roo!




看護師の転職サポート マイナビ看護師

就活の定番「マイナビ」にも看護師専門の紹介部門があります。看護学生向けの合同説明会や就活サイトも運営しており、全国の一流企業はもちろん、公的病院や大手民間病院、大学病院などとのパイプも太い会社です。(全国対応/保健師・助産師・准看護師もOK/厚労省認定 優良事業者)





テーマ : ナースのお仕事
ジャンル : 就職・お仕事

看護師の就職・内定が早い!就活の早期化を防ぐ「経団連の指針」の影響について

ここ近年、看護師(主に新卒)の就活の時期が年々早まっており、病院関係者や求人業者もそれに合わせて体制を整えております。
早い施設では、夏休み前に定員に達すると言う、数年前では考えられない状況です。
これは、近年増え続ける「看護科のある大学」の影響が大きいと思われます。
大学には看護だけでなく、一般企業に就職する様々な学科が併設されていることが多く、一般企業の就活の動きに合わせて看護大学生も就活を開始するからです。
ですので、病院でも早期に内定する学生の大半が大学生中心です。

しかし、一昨年の秋(2013年9月)、政府が経団連など主な経済団体に対し、就活を遅らせるように要請しました。
その結果、2016年の新卒採用から「広報活動 3月1日以降」・「選考試験 8月1日以降」・「内定通知 10月1日以降」にするよう指針が発表されました。

採用選考に関する指針(一般社団法人 日本経済団体連合会)
参考記事(日本経済新聞)

要は、2016年卒以降の採用について、就活が早期化しないよう企業は協力して広報活動や選考活動の開始時期を遅くし、学生の十分な学習時間を確保すると共に、十分な就活期間を確保することにより未就職での卒業生を減らす等の目的で紳士協定を結ぶというものです。

ところが、政府の予想とは裏腹に、学生からも大学からも企業からも不満が続出し、学生・大学からは「逆に就活が長期化して勉強に集中できない」「卒論や卒業研究に差し支える」、体育会系大学では「夏休みの合宿や秋の全国大会への出場は断念せざるを得ない」などの声が上がっています。
一方、企業からは、「メリットがわからない」「来年度の人材確保と人事計画が立てにくい」「二次募集などの時期も後ろ倒しになり不安」「採用競争が激しくなる」などの声が上がっています。

このような状況から、今回の指針に反対している企業・大学が多く、この指針を守らずに動いている企業も多いようです。
あくまで紳士協定ですので、守らなくても特に罰則はありません。

特に看護師さんが就職するのは、医療機関が多く、経団連に加盟・賛同していない非営利団体が中心なので、そもそも“関係ない”といったところでしょうか。
(但し、一部の企業系病院や国公立大学・市立病院などはこの指針に従わざるを得ないでしょう。)

ですので、この指針に従って就活をしている学生さんは、出遅れてしまうかもしれません。
特に医療法人などに就職を希望する看護師さん、看護学生さんは、あまり気にせず早め早めに行動することが賢い選択かと思われます。

また、この指針を気にせずに採用活動を出来る病院・企業は、早期に優秀な人材を多く確保できる可能性が高い為、人材確保(看護師確保)の勝ち組になる可能性が高いです。

逆に指針を守る(守らざるを得ない)病院・企業は、人材確保に出遅れてしまい、来年度以降の人材を必要数確保できない可能性が高くなります。
また、人材の“質”も低下する恐れもあり、来年度以降、現場の人手不足や現場力の低下が懸念されますね。

これは新卒者の就活だけでなく、転職を考えている既卒の看護師さんにも影響することですね。
先ずは、早めに行動すること。
新卒の枠が早く埋まると言うことは、既卒者・中途採用の枠も少なく、選考・採用も早まる可能性が高いです。また、そういう病院が、勝ち組の病院であり、良い人材が集まり質の高い看護を提供している可能性が高いです。
実際、既に多くの人気病院が来年度の採用を終え、エントリーを締め切っています。

となると、今年、人材確保に苦戦・失敗し、来年度以降、人手不足や看護の質が低下すると予想される病院が見えてきますね…。


以上、あくまで個人の主観ですが、ご参考まで。



看護師の転職サポート マイナビ看護師

就活の定番「マイナビ」の看護師紹介部門です。学生向けの合同説明会や就活サイトも運営しており、全国の一流企業はもちろん、公的病院や大手民間病院、大学病院などとのパイプも太い会社です。(全国対応/保健師・助産師・准看護師もOK/厚労省認定 優良事業者)





テーマ : 就職・転職・仕事・求職・アルバイト・パートのNo1最新情報
ジャンル : 就職・お仕事

検索
安心オススメの看護師求人サイト
今すぐ転職しなくても有益な情報を定期的にチェックできます。厚労省認定の優良サイトで個人情報の管理も万全、登録も利用も完全無料なので安心してご利用いただけます。


業界支持率ランキングNo.1!
徹底した看護師目線で人気No.1! 看護師求人

(首都圏・関西・東海エリア)

就活の定番/学生支援も充実!
マイナビの看護師転職サポート
(全国対応)

楽天リサーチ満足度第一位!
友達にすすめたい第一位
(全国対応)

メールで質問する

名前:
メールアドレス:
件名:
本文: