看護roo!(カンゴルー)が看護師の派遣サービスを開始!

看護師転職サイトや看護師紹介サービスの大手「看護roo!」看護師の派遣サービスを開始しました。

看護roo!派遣サービス

看護roo!派遣

看護roo!(カンゴルー)は、看護師の転職支援においてはトップクラスの実績を持つ老舗企業。
多くの看護師さんがお世話になっていることと思います。

その看護roo!が派遣もお世話してくれるとのことで、転職予定の看護師さんにはとてもいいかもです。

例えば、今の病院を3月末に退職してしばらくゆっくり休養したい。次の就職は来年4月入職を目処に転職活動・・・というパターン。
1年間何もせずに過ごすのは勿体ないしお金も減る一方。年金や税金、健康保険のことも良く分からなくて不安。かといって本気で働くのもしんどいし・・・。

そんな時、看護roo!なら、常勤での就職活動もお世話してもらいながら、気楽に稼げる派遣の紹介もしてもらえる!
もちろん、派遣でも社会保険等しっかり完備しています。

とても便利なサービスだと思います。

他にも、ある病院に常勤でいきなり就職するのは不安感があったりする場合、試しに半年間だけ派遣で働いてみる
で、良かったらそのまま常勤に切り替えて正規に就職するってことも可能になります。

また、オペ室は経験無いけど興味があるので派遣で試してみたい

とか、

経験のない科に就職が決まっているけど、入職する前に派遣で軽く経験しておきたい

なども可能になりますね。

看護roo!は看護師紹介の業界では歴が長く、トップクラスの実績を持ち、多くの病院、医療機関、施設との良好な取引関係を築いています。
他の紹介会社では紹介してもらえないような病院や施設でも、看護roo!ならOKみたいな所も少なくありません。

それから、派遣は雇用関係が派遣先の病院ではなく、派遣会社に雇用されることになります。
要は、看護roo!(クイック)に雇用されたスタッフとして、病院などに派遣され、派遣先の管理者の指示で看護業務を行なうというスタイルとなります。
なので、入退職においても派遣先の病院での面倒な手続きもなく、後腐れなく辞められるというメリットがあります
もちろん、クイックなら社会保険や有給休暇も完備・付与されるので安心です。

で、何より高時給であることが魅力ですね!
直接雇用のパートや非常勤より1.5倍~2倍の時給設定が普通です。

看護roo!を運営する株式会社クイックは、厚労省が認定する「職業紹介 第一期 優良事業者」に認定されており、個人情報も万全で安心の優良企業です。

これから転職や派遣でのお仕事を検討中の看護師さん、一度覗いてみてはいかがでしょうか。



看護roo!派遣サービス

看護roo!派遣
首都圏、東海、関西エリアにお住まいの方にオススメ!エリアに密着した質の高い情報を提供してくれます。その為、主要な医療機関との連携も強く、ミスマッチや早期離職が少ないと病院担当者からも好評です。




テーマ : 看護師・准看護師の求人募集
ジャンル : 就職・お仕事

来年4月に転職を考えている看護師さんへ、動くなら今ですよ!

早くも夏が終わり、秋の気配が近付いてきておりますね。
そろそろ来年の4月入職に向けて転職活動を開始する看護師さんが多い時期ですが、まだ余裕もあるのでボチボチと言ったところでしょうか。

しかし、賢い看護師さんは早め早めに行動し、既に来年4月の入職を前提に内定をもらっている方も多いです。
やはり、人気の病院、いい求人は早くに埋まってしまいます。良い転職をしたいなら、早め早めが肝心ですね。
思い立ったが吉日。後回しにせず今すぐ情報収集を開始されることをおすすめします。

逆に、病院等では9月~11月は年間を通して一番応募が少ない時期でもあります。
看護師専門の紹介会社などもこの時期が一番登録者が少なくなるそうです。

そう考えると、今が穴場!
応募者、登録者が少ない分、ライバルが少なく、人気の求人、いい病院を多くの情報から選べると言うことです。
また、病院や施設、紹介会社の担当者も余裕があるため、しっかりと密な対応をしてくれます。

好条件の人気の病院やいい求人は、すぐに埋まってしまいます。
また、12月以降は駆け込みの登録者、応募者が一気に増え、ライバルが多くなりますね。そうなると、選考も厳しくなり、希望の病院への入職、希望の配属も叶いにくくなります。
ギリギリで焦るとろくなことありません。

4月から転職を考えている看護師さん、動くなら今ですよ!



【1】東証一部上場・厚労省認定の優良サイト「看護roo!」
徹底した看護師目線でミスマッチが少なく看護師からも採用担当者からも支持率No.1!人気の希少求人も扱っており、今すぐ転職しなくても有益な情報をいち早く届けてくれますよ。もちろん登録・利用は完全無料、安心してご利用頂けます。(関東・東海・関西 ※厚労省「第一期優良事業者」認定サイト)

看護師の転職なら看護roo!




【2】 看護師の転職サポート マイナビ看護師

就活の定番「マイナビ」にも看護師専門の紹介部門があります。看護学生向けの合同説明会や就活サイトも運営しており、全国の公的病院や大手民間病院、大学病院などとのパイプも太い会社です。(全国対応/保健師・助産師・准看護師もOK/厚労省認定 優良事業者)




テーマ : 看護師・准看護師の求人募集
ジャンル : 就職・お仕事

看護師の就職・内定が早い!就活の早期化を防ぐ「経団連の指針」の影響について

ここ近年、看護師(主に新卒)の就活の時期が年々早まっており、病院関係者や求人業者もそれに合わせて体制を整えております。
早い施設では、夏休み前に定員に達すると言う、数年前では考えられない状況です。
これは、近年増え続ける「看護科のある大学」の影響が大きいと思われます。
大学には看護だけでなく、一般企業に就職する様々な学科が併設されていることが多く、一般企業の就活の動きに合わせて看護大学生も就活を開始するからです。
ですので、病院でも早期に内定する学生の大半が大学生中心です。

しかし、一昨年の秋(2013年9月)、政府が経団連など主な経済団体に対し、就活を遅らせるように要請しました。
その結果、2016年の新卒採用から「広報活動 3月1日以降」・「選考試験 8月1日以降」・「内定通知 10月1日以降」にするよう指針が発表されました。

採用選考に関する指針(一般社団法人 日本経済団体連合会)
参考記事(日本経済新聞)

要は、2016年卒以降の採用について、就活が早期化しないよう企業は協力して広報活動や選考活動の開始時期を遅くし、学生の十分な学習時間を確保すると共に、十分な就活期間を確保することにより未就職での卒業生を減らす等の目的で紳士協定を結ぶというものです。

ところが、政府の予想とは裏腹に、学生からも大学からも企業からも不満が続出し、学生・大学からは「逆に就活が長期化して勉強に集中できない」「卒論や卒業研究に差し支える」、体育会系大学では「夏休みの合宿や秋の全国大会への出場は断念せざるを得ない」などの声が上がっています。
一方、企業からは、「メリットがわからない」「来年度の人材確保と人事計画が立てにくい」「二次募集などの時期も後ろ倒しになり不安」「採用競争が激しくなる」などの声が上がっています。

このような状況から、今回の指針に反対している企業・大学が多く、この指針を守らずに動いている企業も多いようです。
あくまで紳士協定ですので、守らなくても特に罰則はありません。

特に看護師さんが就職するのは、医療機関が多く、経団連に加盟・賛同していない非営利団体が中心なので、そもそも“関係ない”といったところでしょうか。
(但し、一部の企業系病院や国公立大学・市立病院などはこの指針に従わざるを得ないでしょう。)

ですので、この指針に従って就活をしている学生さんは、出遅れてしまうかもしれません。
特に医療法人などに就職を希望する看護師さん、看護学生さんは、あまり気にせず早め早めに行動することが賢い選択かと思われます。

また、この指針を気にせずに採用活動を出来る病院・企業は、早期に優秀な人材を多く確保できる可能性が高い為、人材確保(看護師確保)の勝ち組になる可能性が高いです。

逆に指針を守る(守らざるを得ない)病院・企業は、人材確保に出遅れてしまい、来年度以降の人材を必要数確保できない可能性が高くなります。
また、人材の“質”も低下する恐れもあり、来年度以降、現場の人手不足や現場力の低下が懸念されますね。

これは新卒者の就活だけでなく、転職を考えている既卒の看護師さんにも影響することですね。
先ずは、早めに行動すること。
新卒の枠が早く埋まると言うことは、既卒者・中途採用の枠も少なく、選考・採用も早まる可能性が高いです。また、そういう病院が、勝ち組の病院であり、良い人材が集まり質の高い看護を提供している可能性が高いです。
実際、既に多くの人気病院が来年度の採用を終え、エントリーを締め切っています。

となると、今年、人材確保に苦戦・失敗し、来年度以降、人手不足や看護の質が低下すると予想される病院が見えてきますね…。


以上、あくまで個人の主観ですが、ご参考まで。



看護師の転職サポート マイナビ看護師

就活の定番「マイナビ」の看護師紹介部門です。学生向けの合同説明会や就活サイトも運営しており、全国の一流企業はもちろん、公的病院や大手民間病院、大学病院などとのパイプも太い会社です。(全国対応/保健師・助産師・准看護師もOK/厚労省認定 優良事業者)





テーマ : 就職・転職・仕事・求職・アルバイト・パートのNo1最新情報
ジャンル : 就職・お仕事

非公開求人とは?看護師の就職・転職における “非公開求人” その理由と解説

『非公開求人』、看護師さんの就職・転職活動において、良く見るワードですね。非公開求人って何??どんな求人??なぜ非公開なの?? と疑問に思った方も多いと思います。
なぜ、“非公開求人”という特別な求人が存在するのか。また、看護の世界ではこの非公開求人が多いのはなぜでしょうか。
今日は、この非公開求人について解説したいと思います。

一言で「看護師の募集」と言っても、奥が深いものです。
どんな部門での募集か、どんな経験を持った看護師を採用したいのか、どんな年齢層の看護師が欲しいのか…。
また、看護師を採用するのは病院等の医療施設だけでなく、一般企業や市役所、行政施設なども多いです。人材採用に関しては、法律による規制やルールが厳しく、中には非常に難しくデリケートなものもあります。行政施設や大企業の求人となると、コンプライアンスも徹底しなければならず、安易に募集広告を出せない等の事情があったりします。
そんなとき、人材紹介会社のシステムを利用した“非公開求人”がとても役に立ちます。


■ 求人情報を非公開にして募集する理由

1.年齢・性別・経験等のフィルターをかけたい
現在は、求人募集に際して年齢制限や性別を特定すると法律違反になってしまいます。
仕事内容や施設によっては、男性がNGであったり、准看護師は不可、特定の経験者のみを募集することがあります。
年齢制限では、若い年齢に制限することが多いですが、場合によっては、30歳以上、40歳以上など、高年齢を中心に採用しなければならないことも多々あります。
誰でも彼でも応募できてしまう一般の求人広告だと、応募者の対応で採用担当者がパンクしてしまうんですね。

2.転職の少ない職歴の綺麗な人を厳選して採用したい
これも採用活動の効率化を図る目的で、募集時にフィルターを掛けたい項目ですが、一般の求人で「転職の少ない方」なんて記述は見たことないと思います。募集広告に書けない内容では無いですが、社会的道理に反するような内容を記載すると、企業イメージの低下や社会的な反感を買う恐れがありますので、一般的にはこのような内容は記載しません。
どんな業界においても、転職の多い人は敬遠されがちです。転職の少ない人、職歴の綺麗な人を厳選して採用している企業・施設には、良い人材が集まり、質の高い職場になっています。そのような職場を見つけるのは、一般の求人ではなかなか難しいですね。

3.地域住民(患者さん)や既存の職員が求人内容を見ると・・・
頻繁に看護師や医療従事者を募集していると、地域住民に不安を与えてしまう恐れがあります。例えば、自分が通院している病院や家族が入院している病院で頻繁にスタッフを募集していると、この病院で大丈夫かな…と不安を与えてしまう恐れがありますね。
また、頻繁に募集広告を出していると、既存の職員や内定者にも不安を与えてしまったり、間違った噂が広まる恐れがあります。
特に、既存の職員が求人記事を見て、「自分より高い給与条件で募集が出ている」等と労使トラブルが発生することは珍しくありません。

4.新規病棟立ち上げ予定などオープンできない情報がある
新規病棟や救命救急センター等の立ち上げ、新病院建設・移転など、病院によっては、体制が整うまでオープンできない情報があります。多くの医療施設では、先ずは、既存の現場の看護体制などを十分に整えたうえで、新規立ち上げに回す人員を余剰に確保します。

5.管理職または、管理職候補となる人材を採用したい
看護部長、看護師長などの求人は一般の求人では見かけることがほとんどありません。管理職を募集すると言うことは、既存の管理職の方が退職や降格、または、新たな部門の立ち上げなどがあると言うことになります。
管理職の退職等は、既存の職員も知らされていないケースが多く、そんな情報を一般の求人で公開してしまうと、それを見た既存の職員や他の病院・施設などで噂になってしまうんですね。また、管理職候補となると、一定のスキル・経験・人格・職歴などの事前確認が必要ですので、人材紹介会社のシステムがとても有効になります。

-----
以上のような理由により、“非公開求人”という特別感のある求人が存在しているわけですね。
とは言え、実は中身は一般の求人とそんなに変わらないものも多いので、そんなにハードルが高いものでもありません。多くの病院・医療施設では、年中看護師の採用を行なっていると言っても過言ではありません。世の中まだまだ看護師不足ですので、看護師さんは引く手数多と言えるでしょう。
皆さんにチャンスがありますので、遠慮せずに気軽に問い合わせしてみましょう。


★ 非公開求人が多い看護師求人・紹介サイト ★


【1】首都圏、東海、関西エリアの看護師求人なら「看護roo!」
首都圏、東海、関西エリアにお住まいの方にオススメ!エリアに密着した質の高い情報を提供してくれます。その為、主要な医療機関との連携も強く、ミスマッチや早期離職が少ないと病院担当者からも好評です。
(常勤のみ/関東・東海・関西 ※厚労省認定優良事業者)

看護師の転職なら看護roo!




【2】 看護師の転職サポート マイナビ看護師

マイナビの看護師紹介部門です。看護学生向けの合同説明会や就活サイトも運営しており、全国の公的病院や大手民間病院、大学病院などとのパイプも太い会社です。質の高い非公開求人を多く確保し、看護師さんが知りたい情報をしっかり提供してくれます。登録も利用も無料なので、安心してご利用いただけます。(全国対応/保健師・助産師・准看護師もOK/厚労省認定 優良事業者)









テーマ : ナースのお仕事
ジャンル : 就職・お仕事

ナースが聞いた『死ぬ前に語られる後悔』トップ5

仕事もプライベートも全力でがんばる女性におくる、脱力ライフ提案サイト「Pouch」(ポーチ)が紹介した記事「ナースが聞いた『死ぬ前に語られる後悔』トップ5」が話題となっておりますのでシェアします☆
オーストラリアの看護師さんが、死を迎える患者さんが語る後悔は次の5つが多いと気付き、まとめたものです。


もし今日が人生最後の日だったら、あなたは後悔を口にしますか。それはどのようなものですか。

人生最後の時を過ごす患者たちの緩和ケアに数年携わった、オーストラリアの Bronnie Ware さん。彼女によると、死の間際に人間はしっかり人生を振り返るのだそうです。また、患者たちが語る後悔には同じものがとても多いということですが、特に死を間近に控えた人々が口にした後悔の中で多かったものトップ5は以下のようになるそうです。

1. 「自分自身に忠実に生きれば良かった」
「他人に望まれるように」ではなく、「自分らしく生きれば良かった」という後悔。Ware さんによると、これがもっとも多いそうです。人生の終わりに、達成できなかった夢がたくさんあったことに患者たちは気づくのだそう。ああしておけばよかった、という気持ちを抱えたまま世を去らなければならないことに、人は強く無念を感じるようです。

2. 「あんなに一生懸命働かなくても良かった」
男性の多くがこの後悔をするとのこと。仕事に時間を費やしすぎず、もっと家族と一緒に過ごせば良かった、と感じるのだそうです。
3. 「もっと自分の気持ちを表す勇気を持てば良かった」
世間でうまくやっていくために感情を殺していた結果、可もなく不可もない存在で終わってしまった、という無念が最後に訪れるようです。

4. 「友人関係を続けていれば良かった」
人生最後の数週間に、人は友人の本当のありがたさに気がつくのだそうです。そして、連絡が途絶えてしまったかつての友達に想いを馳せるのだとか。もっと友達との関係を大切にしておくべきだった、という後悔を覚えるようです。

5. 「自分をもっと幸せにしてあげればよかった」
「幸福は自分で選ぶもの」だと気づいていない人がとても多い、と Ware さんは指摘します。旧習やパターンに絡めとられた人生を「快適」と思ってしまったこと。変化を無意識に恐れ「選択」を避けていた人生に気づき、悔いを抱えたまま世を去っていく人が多いようです。

以上、どれも重く響く内容でした。これを読んで、あなたは明日からどう過ごしますか。
(文=阪井亮太)

参照元:Pouch
元記事:the guardian


スポンサー リンク

テーマ : ナースのお仕事
ジャンル : 就職・お仕事

検索
安心オススメの看護師求人サイト
今すぐ転職しなくても有益な情報を定期的にチェックできます。厚労省認定の優良サイトで個人情報の管理も万全、登録も利用も完全無料なので安心してご利用いただけます。


業界支持率ランキングNo.1!
徹底した看護師目線で人気No.1! 看護師求人

(首都圏・関西・東海エリア)

就活の定番/学生支援も充実!
マイナビの看護師転職サポート
(全国対応)

楽天リサーチ満足度第一位!
友達にすすめたい第一位
(全国対応)

メールで質問する

名前:
メールアドレス:
件名:
本文: